温暖化が地球を冗談じゃなく痛めつける根拠

化石燃料消費の半分以上は1989年以降のことだ

では、上昇幅が3℃だと、どうなるだろう?

南ヨーロッパでは旱魃が慢性化し、中央アメリカ、カリブ海ではそれぞれ、平均1年7カ月、1年9カ月も続く。アフリカ北部にいたっては期間が5年にもなる
森林火災で焼失する面積は、地中海で2倍、アメリカで6倍以上になる

2100年までの平均気温上昇を2℃未満に抑えることができたとしても、大気中には500ppm、あるいはそれ以上の二酸化炭素が存在したままだ。1600万年前の地球もそうだった。そのころ、海面水位はいまより40メートル高かった。

地球の変化には何千年という時間がかかるものもあり、しかも元に戻ることはない。このまま二酸化炭素の排出増加が止まらなければ、2100年には地球の平均気温は少なくとも3℃、おそらくは4℃以上、上昇すると国連は警鐘を鳴らす。パリ協定で2℃までと定めたのに、2倍以上になるだろう。

日本を含むアジアの大部分が居住不可能

地球の地質時代を探る最近の研究は、いまの気象モデルは2100年までの温暖化を半分程度に過小評価しているかもしれないと示唆する。つまり、気温上昇がIPCC予測のおよそ2倍になりうるということだ。そうなると、パリ協定の排出目標をすべて達成しても、上昇幅は4℃になる。

現実的には、私たちは2100年までに平均気温が4℃以上、上昇する未来に向かって突進中だ。そうなると、アフリカ大陸、オーストラリアとアメリカ、南米のパタゴニアより北、アジアのシベリアより南は、高温と砂漠化、洪水で住めなくなるという予測もある。

平均気温が4℃上昇する世界では、何が起きるのか?

デング熱感染者が、ラテンアメリカだけで800万人になる
地球規模の食料危機が毎年起きる
酷暑関連の死者が全体の9パーセント以上を占めるようになる
河川の氾濫被害がインドで20倍、バングラデシュで30倍、イギリスで60倍に増える
複数の気象災害が1カ所で同時発生することが増え、損害は世界全体で600兆ドルに達する――いま世界に存在する富の2倍以上だ。紛争や戦争も倍増するだろう
『地球に住めなくなる日: 「気候崩壊」の避けられない真実』(NHK出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

平均気温が4℃上昇すれば、サハラに残る緑も、熱帯林も灼熱のサバンナに変貌するだろう。

二酸化炭素の排出を大幅に削減しても気温が4~5℃は上がるとなると、地球全体が生命の住めなくなる星になりかねない。

研究者はそれを「ホットハウス・アース」と呼ぶ。

ほかの地域も含めて、生活環境が厳しくなることは間違いない。それが未来の基本路線だ。

たった1世代で気候崩壊が起きようとしているのだから、次の世代でそれを食い止めなくては。次の世代――それは私たちである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT