トヨタが急加速問題で米司法省と和解

10億ドルを支払い、刑事訴追回避へ

3月18日、CNNによると、米司法省とトヨタ自動車は、意図せぬ急加速問題への対応をめぐり、10億ドルで和解に達した。昨年9月撮影(2014年 ロイター/Alexander Demianchuk)

[ワシントン 18日 ロイター] -CNNによると、米司法省とトヨタ自動車<7203.T>は、意図せぬ急加速問題への対応をめぐり、10億ドルで和解に達した。

複数の関係筋の話として伝えた。19日にも正式に発表する。

トヨタは刑事訴追を免れる見通しという。

ニューヨークの連邦検察局は、トヨタが消費者からの苦情を把握しながら、必要な情報開示を怠った疑いがあるとして調査を進めていた。

トヨタの広報担当者はCNNに対し「トヨタはこの件で、4年以上にわたり米検察に協力してきた。その間、われわれは、抜本的な改革を実行し、より迅速に対応する、一段と顧客重視の会社になった。改善を続ける決意だ」と述べた。 現在のところ米連邦検察局のコメントは得られていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT