米グーグル、スマートウォッチを年内発売へ

サムスン電子などと共同開発、アンドロイド搭載型

3月18日、米グーグルは、同社の基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートウォッチを年内に発売することを明らかにした。同社のトロントオフィスで2012年11月撮影(2014年 ロイター/Mark Blinch)

[サンフランシスコ 18日 ロイター] -米グーグルは18日、同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートウォッチを年内に発売することを明らかにした。

韓国のサムスン電子<005930.KS>、LG電子<066570.KS>、米インテル、ファッションアクセサリーのフォッシルグループなどと共同で開発する。

グーグルは、アンドロイドの利用を腕時計にも拡げる「アンドロイド・ウエア」プロジェクトを推進。同社のブログに掲載された動画には、腕時計に話しかけてスポーツ試合の結果をチェックしたり、音楽を再生したり、メールに返信したり、自宅のガレージを開けたりする場面が映し出されている。

アナリストは、さまざまな企業と提携することで、アンドロイドを広く普及させるのがグーグルの戦略だと指摘した。

グーグルは、スマートウォッチの開発で、米モトローラ、クアルコム、ブロードコム 、台湾の宏達国際電子(HTC)<2498.TW>、ASUS<2357.TW>、聯発科技(メディアテック) <2454.TW>とも提携する。

ウエアラブル(身体装着可能な)端末をめぐっては、アップルも新製品を計画しているとの観測が浮上している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。