米グーグル、スマートウォッチを年内発売へ

サムスン電子などと共同開発、アンドロイド搭載型

3月18日、米グーグルは、同社の基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートウォッチを年内に発売することを明らかにした。同社のトロントオフィスで2012年11月撮影(2014年 ロイター/Mark Blinch)

[サンフランシスコ 18日 ロイター] -米グーグルは18日、同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートウォッチを年内に発売することを明らかにした。

韓国のサムスン電子<005930.KS>、LG電子<066570.KS>、米インテル、ファッションアクセサリーのフォッシルグループなどと共同で開発する。

グーグルは、アンドロイドの利用を腕時計にも拡げる「アンドロイド・ウエア」プロジェクトを推進。同社のブログに掲載された動画には、腕時計に話しかけてスポーツ試合の結果をチェックしたり、音楽を再生したり、メールに返信したり、自宅のガレージを開けたりする場面が映し出されている。

アナリストは、さまざまな企業と提携することで、アンドロイドを広く普及させるのがグーグルの戦略だと指摘した。

グーグルは、スマートウォッチの開発で、米モトローラ、クアルコム、ブロードコム 、台湾の宏達国際電子(HTC)<2498.TW>、ASUS<2357.TW>、聯発科技(メディアテック) <2454.TW>とも提携する。

ウエアラブル(身体装着可能な)端末をめぐっては、アップルも新製品を計画しているとの観測が浮上している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT