米グーグル、スマートウォッチを年内発売へ

サムスン電子などと共同開発、アンドロイド搭載型

3月18日、米グーグルは、同社の基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートウォッチを年内に発売することを明らかにした。同社のトロントオフィスで2012年11月撮影(2014年 ロイター/Mark Blinch)

[サンフランシスコ 18日 ロイター] -米グーグルは18日、同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートウォッチを年内に発売することを明らかにした。

韓国のサムスン電子<005930.KS>、LG電子<066570.KS>、米インテル、ファッションアクセサリーのフォッシルグループなどと共同で開発する。

グーグルは、アンドロイドの利用を腕時計にも拡げる「アンドロイド・ウエア」プロジェクトを推進。同社のブログに掲載された動画には、腕時計に話しかけてスポーツ試合の結果をチェックしたり、音楽を再生したり、メールに返信したり、自宅のガレージを開けたりする場面が映し出されている。

アナリストは、さまざまな企業と提携することで、アンドロイドを広く普及させるのがグーグルの戦略だと指摘した。

グーグルは、スマートウォッチの開発で、米モトローラ、クアルコム、ブロードコム 、台湾の宏達国際電子(HTC)<2498.TW>、ASUS<2357.TW>、聯発科技(メディアテック) <2454.TW>とも提携する。

ウエアラブル(身体装着可能な)端末をめぐっては、アップルも新製品を計画しているとの観測が浮上している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT