グーグルはなぜモトローラを売ったのか

レノボにとってもグーグルにとってもプラス効果

グーグルが1月30日にグーグルプラスに投稿した写真。左がラリー・ペイジCEO。右がレノボのYang Yuanqing会長兼CEO

グーグルは1月29日、モトローラ・モビリティを29.1億ドルで中国パソコン大手のレノボに売却すると発表した。2012年に125億ドルで買収したのと比べると売却価格が安く感じられるが、レノボに譲るのは多機能携帯電話のMoto Xや廉価版の Moto Gなどの製品部門と一部の特許。グーグルは主な特許を保有し続ける。また2月6日には、レノボへのモトローラ売却が完了した後、グーグルはレノボ株6億1830万株を1株1.213ドルで取得する。これによりグーグルはレノボの発行株式数の5.94%を保有する大株主になる。

両社の意図とはどのようなものだろうか。

レノボの意図は米国市場への本格的な進出だろう。レノボは中国国内では大手スマートフォンメーカーとして知られる。しかし、国外で苦戦している。米国市場3位のアンドロイドメーカーであるモトローラのブランドを手に入れることで、米国市場で有利になる。

レノボの世界展開加速

「モトローラはモバイル製品では世界で定評のあるブランド。そこにレノボの強力な製造能力と、世界的な流通ネットワークとが一緒になれば、世界のモバイル市場の販売競争で確固としたものになる」と、モバイルアプリケーションをテストするソアスタ社長でモバイル市場に詳しいトム・ローニボスはいう。

モトローラは現在 、中南米市場でも3位を占める実績がある。レノボが2005年にIBMからThinkPadを買収し、成功したように、今回の売却が決まれば、レノボはスマートフォンやタブレット市場でも成功への道のりは遠くない。

次ページグーグルはなぜ売ったのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。