グーグルはなぜモトローラを売ったのか

レノボにとってもグーグルにとってもプラス効果

グーグルが1月30日にグーグルプラスに投稿した写真。左がラリー・ペイジCEO。右がレノボのYang Yuanqing会長兼CEO

グーグルは1月29日、モトローラ・モビリティを29.1億ドルで中国パソコン大手のレノボに売却すると発表した。2012年に125億ドルで買収したのと比べると売却価格が安く感じられるが、レノボに譲るのは多機能携帯電話のMoto Xや廉価版の Moto Gなどの製品部門と一部の特許。グーグルは主な特許を保有し続ける。また2月6日には、レノボへのモトローラ売却が完了した後、グーグルはレノボ株6億1830万株を1株1.213ドルで取得する。これによりグーグルはレノボの発行株式数の5.94%を保有する大株主になる。

両社の意図とはどのようなものだろうか。

レノボの意図は米国市場への本格的な進出だろう。レノボは中国国内では大手スマートフォンメーカーとして知られる。しかし、国外で苦戦している。米国市場3位のアンドロイドメーカーであるモトローラのブランドを手に入れることで、米国市場で有利になる。

レノボの世界展開加速

「モトローラはモバイル製品では世界で定評のあるブランド。そこにレノボの強力な製造能力と、世界的な流通ネットワークとが一緒になれば、世界のモバイル市場の販売競争で確固としたものになる」と、モバイルアプリケーションをテストするソアスタ社長でモバイル市場に詳しいトム・ローニボスはいう。

モトローラは現在 、中南米市場でも3位を占める実績がある。レノボが2005年にIBMからThinkPadを買収し、成功したように、今回の売却が決まれば、レノボはスマートフォンやタブレット市場でも成功への道のりは遠くない。

次ページグーグルはなぜ売ったのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT