生体情報を計測、"着る"ウエアラブルが登場

東レとNTTグループが共同開発

最近、スマホの次の潮流として注目を集めるウエアラブル。グーグルグラスなどのメガネ型や、ソニーのスマートウォッチなどの時計型、そのほか、移動や睡眠を記録できるリストバンド型など、様々なスマートフォンとつながる製品が発表されている。今年1月上旬に開催された世界最大の家電見本市「インターナショナルCES」でも数多くのウエアラブル製品が出展された。

今回登場したのは「身につける」というより、「着る」製品だ。東レとNTT、NTTドコモは1月30日、着るだけで心拍数や心電波形などの生体情報を取得できる素材「hitoe(ヒトエ)」を共同開発したと発表した。まずは、ドコモがサービスの主体となり、14年中にウエアとスマホをセットにしたサービス展開を目指す。

インナーウエアには電極が取り付けられており、心拍数などのデータを読み取り、小型の専用端末を経由して手持ちのスマホに転送する。リアルタイムで生体情報をチェックできるのがポイントだ。サービス導入が期待されるのはスポーツ分野。たとえば、フィットネスクラブなら、ユーザーの運動中の負荷をチェックしながら適正な指導ができる。登山やサイクリング教室などでも使えそうだ。ドコモの中山俊樹執行役員は「フィットネスクラブ事業者と協力した会員向けサービスや、ウエアメーカーとの連携などを検討している」と語った。

次ページこれから進化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT