グーグルは「家」を賢くできるのか?

グーグルのネスト買収とスマートホームの難しさ

 本連載は、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンに関するトピックをひとつないし複数採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回はグーグルを採り上げる。グーグルがスマートホームを実現するスタートアップ企業ネスト(Nest Labs)を32億ドルで買収したと報じられた。シリコンバレーではあまり好意的な反応ではない。
グーグルが買収したネストのサーモスタット。家に住んでいる人の行動パターンなどを学習する優れものだ(写真:Bloomberg)

今回のテーマは、スマートホームやInternet of Thingsという新しい分野についてだ。グーグルはあらゆるものを検索可能にし、さらにGoogle Glassをリリースして「身に付けるインターネット」の世界にもリーチしている。また、筆者が住んでいるカリフォルニア州バークレーの街でも、時折、見かける自動運転の自動車も作り出した。

インターネットや派生する技術で可能なすべてを試しているグーグルが、今回のネストを買収することに、さほど大きな驚きはない。ネストは、住んでいる人の行動パターンや、設置されている家の気象情報、部屋の室温上昇・低下の傾向を学習するサーモスタットだ。学習が進むことで、およそ30%の光熱費を削減することができる。

2011年11月に発表された同製品は、中央にディスプレーがある円形デバイスで、外周のダイヤルの回転とクリックで操作する、iPodのようなデザインと操作性が話題となったデバイスだった。

アップルからネストを横取りした?

「iPodのような」というキーワードは、デザインと操作性だけではない。ネストを創業したのは、アップルに務めていた2人。共同創業者のひとりトニー・ファデル氏は2001年から2009年までアップルに在籍し、iPod開発チームを率いていたといわれる人物。誘った相手、マット・ロジャース氏はiPod・iPhone・iTunesなどのソフトウエア開発に携わっていた。

アップル由来の創業者とプロダクトであったことから、シリコンバレーではグーグルによる買収に違和感を覚える人が少なくなかったのは確かだ。

次ページ自宅の環境がオープン化されるのでは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT