グーグルは「家」を賢くできるのか?

グーグルのネスト買収とスマートホームの難しさ

スマートフォン市場は現在、アップルとグーグルのOS、そしてiPhoneやGALAXYというブランドの製品によって世界中のシェアの大部分が占められている。これらは「インターネットにつながる携帯電話」のリプレースだった。最も進んでいたであろう日本であっても10年未満の道具であり、多くの人にとっては初めて持つデバイスだった。そのため、米国シリコンバレーにある数社の企業が新しいスタンダードを設定し、世界中に同じものを売り歩いても、さほど問題が起きない。

ところがスマートホームに関連する製品は、50年単位で利用されてきたもののリプレースとなる。日本人である筆者がサーモスタットをここ30年間の日本での生活で見たことがなかったり、米国のアパートに風呂釜が一切ないように、国や地域の差がより大きく、またより長い習慣を相手にしなければならないのだ。

生活観察からのイノベーションを

スマートフォンやタブレットのように、グローバル向けにひとつのプロダクトで勝負できる領域から、地域や習慣に合わせ寄り添いながら作っていかなければならないのがスマートホームの世界だ。

前述のとおり、スマートフォンのアプリとの連携やネットワークを介さなくても、日本の家電の省電力性やセンサー技術の活用による機能性はトップクラスにある。しかしこれを世界に広められないのもまた、地域差、習慣差によるところが大きい。

しかし、iRobotのルンバのように、リプレースであってもまったく違う価値をもたらし、米国でも日本でも普及しうる製品も見つかるはずだ。あるいはスマートフォンのように、日本では当たり前だが世界の人にとっては初めて持つもの、として提案することもできるかもしれない。

特に日本と米国を行き来していると、日本はその快適さや細部にわたるこだわりなど、生活全体の充実度の点でトップクラスにある。当たり前すぎて気づきにくいかもしれないが、ヒントはわれわれの生活の中にある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。