2月欧州自動車販売は7.6%増

ポルトガルやスペインは2ケタの伸びに

3月18日、欧州自動車工業会によると、2月の欧州自動車販売は、前年比7.6%増の89万4730台となった。ポルトガル、スペイン、イタリアでの販売が好調だった。バルセロナで昨年10月撮影(2014年 ロイター/Albert Gea)

[ミラノ 18日 ロイター] -欧州自動車工業会(ACEA)によると、2月の欧州自動車販売は、前年比7.6%増の89万4730台となった。ポルトガル、スペイン、イタリアでの販売が好調だった。

一方、ドイツの自動車販売は4.3%増にとどまり、フランスは1.4%減少した。

2月の自動車販売は、債務危機に陥っていた国で2桁の伸びを示し、スペインが17.8%、ポルトガルが40.2%、アイルランドが20.6%、それぞれ増加した。

欧州4番目の市場であるイタリアも8.6%増となった。

メーカー別では、ルノーのグループ販売が11.5%増加。ダチアブランドの販売が33.6%増加したことがグループ全体の販売を押し上げた。

フォード・モーターは11.3%増加。トヨタ自動車<7203.T>も14%増となった。

ゼネラル・モーターズ(GM)は、ボクスホールブランドなどの販売好調を背景に12.3%増加した。

フォルクスワーゲングループの販売は7.2%増加。シュコダの販売が21.5%増と好調だったほか、セアト部門が15.7%増加、高級車アウディの販売も11.8%増加した。一方、フォルクスワーゲンブランドの販売は0.8%減となった。

プジョーシトロエングループ(PSA) の販売は3.5%増加した。プジョーブランドは好調だったが、シトロエンブランドは前年比ほぼ横ばいとなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT