2月欧州自動車販売は7.6%増

ポルトガルやスペインは2ケタの伸びに

3月18日、欧州自動車工業会によると、2月の欧州自動車販売は、前年比7.6%増の89万4730台となった。ポルトガル、スペイン、イタリアでの販売が好調だった。バルセロナで昨年10月撮影(2014年 ロイター/Albert Gea)

[ミラノ 18日 ロイター] -欧州自動車工業会(ACEA)によると、2月の欧州自動車販売は、前年比7.6%増の89万4730台となった。ポルトガル、スペイン、イタリアでの販売が好調だった。

一方、ドイツの自動車販売は4.3%増にとどまり、フランスは1.4%減少した。

2月の自動車販売は、債務危機に陥っていた国で2桁の伸びを示し、スペインが17.8%、ポルトガルが40.2%、アイルランドが20.6%、それぞれ増加した。

欧州4番目の市場であるイタリアも8.6%増となった。

メーカー別では、ルノーのグループ販売が11.5%増加。ダチアブランドの販売が33.6%増加したことがグループ全体の販売を押し上げた。

フォード・モーターは11.3%増加。トヨタ自動車<7203.T>も14%増となった。

ゼネラル・モーターズ(GM)は、ボクスホールブランドなどの販売好調を背景に12.3%増加した。

フォルクスワーゲングループの販売は7.2%増加。シュコダの販売が21.5%増と好調だったほか、セアト部門が15.7%増加、高級車アウディの販売も11.8%増加した。一方、フォルクスワーゲンブランドの販売は0.8%減となった。

プジョーシトロエングループ(PSA) の販売は3.5%増加した。プジョーブランドは好調だったが、シトロエンブランドは前年比ほぼ横ばいとなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。