マウント・ゴックスがウェブサイト更新

約3週間ぶりに残高照会が可能に

3月18日、経営破綻した仮想通貨「ビットコイン」取引会社、マウント・ゴックスが、ウェブサイトを更新した。利用者はシステムにログインし、残高照会ができるようになっている。写真は同社のマーク・カーペレスCEO。都内で2月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[18日 ロイター] -経営破綻した仮想通貨「ビットコイン」取引会社、マウント・ゴックスが18日、ウェブサイトを更新した。利用者はシステムにログインし、残高照会ができるようになっている。同サイトは約3週間前から閲覧できなくなっていた。

同社の広報担当者は、利用者がログインしてサーバーのシャットダウン前の最新データを照会することが可能になったと認めた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。