マウント・ゴックスがウェブサイト更新

約3週間ぶりに残高照会が可能に

3月18日、経営破綻した仮想通貨「ビットコイン」取引会社、マウント・ゴックスが、ウェブサイトを更新した。利用者はシステムにログインし、残高照会ができるようになっている。写真は同社のマーク・カーペレスCEO。都内で2月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[18日 ロイター] -経営破綻した仮想通貨「ビットコイン」取引会社、マウント・ゴックスが18日、ウェブサイトを更新した。利用者はシステムにログインし、残高照会ができるようになっている。同サイトは約3週間前から閲覧できなくなっていた。

同社の広報担当者は、利用者がログインしてサーバーのシャットダウン前の最新データを照会することが可能になったと認めた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。