志願者数が増える医学部の知られざるカラクリ

1回6万円の受験料で大学も受験生も損なし

学費を減額した大学は受験者が増え、偏差値も上昇したという(写真:cba/PIXTA)
人命を救い、患者やその家族に感謝され、安定した職業でもある「医師」は、なりたい職業の1つです。AIやロボットなどが活躍する未来において、どんな医師が必要とされるのでしょうか。またその仕事の実態とは?
この記事では、知られざる国公私大医学部の志願者数に注目。『医者と医学部がわかる2020』より、一部を抜粋してご紹介します。

現在、日本には国公立・私立・大学校合わせて82の医学部があり、入学定員は約9000人だ(国公立大5375人、私立大3468人、防衛医科大学校85人/2020年度、各校の募集人員から)。

高度経済成長期の1973年、各都道府県に1つ以上の医学部を設置するという「1県1医大構想」が閣議決定され、全国各地に医科大学や医学部が次々と新設された。しかし「医師過剰」の声が上がり始め、2003年には文部科学省が医学部新設を禁ずる告知を出した。

その後、医師が都市部に集まってしまい、結果、地方の医師が不足するという「医師の偏在」が指摘。2008年には「緊急医師確保対策」として、医学部入学定員を増やす政策に舵を切った。

人口10万あたりの医師数が全国で最も少ない埼玉県

厚生労働省は2年ごとに医師、歯科医師、薬剤師などの人数を公表している。2019年12月19日に公表した2018年末時点の全国の医師数を見ると、女性医師が7万人を超えて全体に占める割合も21.9%と過去最高になった。全体の医師数も32万人を超えて、過去最多を更新した。では、人口10万あたりの医師数はどうか? 地域別に見ていこう。

全国平均は258.8人で、青森県や岩手県、福島県や茨城県など東日本で下回っている県が顕著となり、全国で最も医師数が少ないのは埼玉県の169.8人だ。逆に人口10万あたりの医師数が最も多いのは徳島県の329.5人、ほかに300人を超えているのは東京都、京都府、和歌山県、鳥取県、岡山県、高知県、福岡県、長崎県という結果であった。

人口あたりの医師数は「西高東低」であり、全国平均を上回っている都府県でも、離島や山間部などでは医師不足に悩まされているという。

患者やその家族から感謝され、年収も高い職業である医師。「将来、多くの命を助けたい!」と思う学生や、子を医師にしたいと願う親も多いだろう。

次ページ国公立大医学部2019年度志願者合格倍率ランキング
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT