医学部に9割が進める「医大付属高校」の実情

学費は大学卒業までの9年間で6000万円超

受験勉強一辺倒ではなく、医師としての素養を育むという目的で設立された

熾烈な競争で知られる医学部受験において、ほぼ確実に医師への道を目指せる高校が存在する。岡山県倉敷市にある川崎医科大学附属高等学校だ。国内唯一となる医科大学の附属校だ。推薦制度を利用して毎年生徒の9割近くが川崎医科大学医学部へ進学する。

一般入試とは別に内部生向けの特別推薦入試によって、昨年度は附属校の卒業生24人中20人が同大医学部に進学した。不合格でも翌年もう1度受験が可能で、さらに他大の医学部に進学した生徒も含めれば「9割5分は医学部に進む」(同校の新井和夫校長)という。

教育も学費も「医学部級」

附属校は1970年、川崎医大と同時に開校した。医学部入学を前提とした高校だけあって、3年間みっちり医学漬けの学生生活を送る。とりわけ総合学習の時間では、現役医師による講演や病院での実習、高校生向けに平易にアレンジした医学部講義など、高校生のうちから本物の医療に触れられる「ドクターロード」という授業を設けている。

附属校最大のメリットは「現役で医学部に入学できること」(新井校長)。この推薦制度は生徒だけでなく親にとっても魅力的なシステムだ。浪人が当たり前の医学部受験では、生徒だけでなく親にとっても相当な精神的プレッシャーがかかる。「上の子の医学部受験で『こんな苦労はもうこりごり』と感じた両親が、下の子を附属校に入学させる」(医学部専門予備校関係者)ことも多いという。

附属校の偏差値は60台前半で、倍率も2倍ほど。『週刊東洋経済』が6月10日号の特集「医学部&医者 バブル人気の実情」で追っているように、医学部人気はかつてないほどに過熱している。大学の医学部入試の熾烈さを考えれば、高校で附属校を狙うのも悪くない選択肢だ。

次ページただ、大学進学後に苦労するケースも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT