日本でウーバーが決して普及しない本質的理由

「日本国家のフェアネス」という危険なメガネ

前時代的な価値観がいまだに優勢な日本で、どうしたら自分たちの「フェアネス」を守れるか、尾原和啓氏(左)と山口周氏が語り合いました(撮影:尾形文繁)
およそ2年ぶりに著書『アルゴリズム フェアネス もっと自由に生きるために、ぼくたちが知るべきこと』を刊行した尾原和啓氏と、『武器になる哲学』など多数のベストセラー著書を持つ山口周氏。この特別対談では、テクノロジーがいかに人間を自由にするか、その阻害要因は何か、僕たちは何を「武器」に戦えばいいのか、縦横無尽に語り尽くす。
前回記事に続く第2回は、デジタルの恩恵を享受しきれていない日本について。その現状と打開策を探る。

日本で「ウーバー」が使えない理由

山口周(以下、山口):僕の弟は尾原さんのように世界中を飛び回っているんですが、彼に言わせれば日本に帰るたびにびっくりするらしい。なぜ、いまだにウーバーが使えないんだと。海外では、空港に着いて最初にやるのが配車アプリを開くことですよね。

尾原和啓(以下、尾原):そう。ウーバーは単に安くて便利なだけではありません。僕たちが海外でタクシーに乗るとき、つねに二大不安がつきまといます。本当に目的地に行ってくれるのか、あるいはぼったくりに遭うんじゃないかと。しかしウーバーなら、アプリで行く先を入力してアプリで決済までできる。つまり二大不安をテクノロジーの力で解決してくれたわけです。

しかもユーザーレビューがあるので、評判の悪いドライバーは退場するしかありません。逆に言えば、レビューのいいドライバーなら言葉がカトコトでも、肌の色も性別も関係なく働ける。あらゆるジェンダーバイアスから解放された労働環境を作ったんですよね。

山口:ところが日本では認められていない。「フェアネス」という観点で考えると、今ならある程度は民間のテクノロジーに委ねることもできるのに、日本はすべて国家が決めようとする。方向性がまったく逆なんですよね。しかも「疑わしきはフェアネスとして認めない」という方針のようで、これは相当やばいなという感じがします。

尾原:日本のフェアネスというのは、国家としての権益を守ることが最優先される。そこは選挙制度と結びついているので、どうしても高齢者や既得権益者を守る傾向が強くなります。彼らにとっては、コントロールできない新規参入者によって、自分たちが丁寧に築き上げてきた商売が壊れてしまうことが最も怖いわけですから。

実際、日本でウーバーの参入を認めない理由の1つとして「犯罪の発生率が高いから」などと言われたりします。しかしアメリカなどの統計を見ると、決してそんなことはありません。「日本国家のフェアネス」というメガネをかけると、つい危なく見えてしまうのでしょう。

次ページいまだに前近代的・封建主義的なヒエラルキーが強い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。