鹿島建設が女性を現場配属する理由

建物を建てたい、橋を架けたいという女子学生が急増中

土山淳子・鹿島建設人事担当部長
建設業界というと、男性中心のイメージが強い。実際、全国の建設現場に赴き、監督業務に携わり、将来は経営幹部となることが期待される総合職は男性、本社・支社で支援業務に携わる一般職は女性という構図が一般的だ。
建設業界大手の鹿島建設でも、それは変わらない。2013年4月1日現在、総合職社員に占める女性比率は3.3%。一方、一般職社員では女性比率が87.9%となっている。
しかし、鹿島建設はこの数年にわたって、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる。女性技術者の建設現場への配属を進めているのだ。そこで、今回は同社の女性活躍推進の施策について土山淳子人事部担当部長に訊いた。

1965年から女性総合職を採用

──鹿島建設では、女性の活躍推進にかなり昔から取り組んできたようですね。

人数は少ないものの1965年に新卒の事務系女性総合職、1967年から新卒の女性技術者を採用している。建設業界というと男性中心の世界ではあるが、弊社には女性が社長を務めていた時期もあり、同業他社よりは女性を活用しようという意識が強かったのではないだろうか。

ただし、1991年ごろからの8年間、女性の新卒は一般職採用のみであった。総合職採用を再開したのは1999年だ。男女雇用機会均等法が改正されたことがきっかけとなり、建築系社員の採用をはじめに、徐々に実績を積んでいった。

─一般職から総合職への職務変更も、かなり以前から行ってきたと聞きました。

総合職へ職務変更した女性のなかには、関連会社の役員になっている者もいる。総合職への職務変更は今後の活躍が期待できる30代の人材が対象だ。部署長の推薦と本人の了解の下、選考試験を経て職務変更となる。もちろん、候補者全員が総合職に登用されるわけではない。1999年には推薦を受けた20人のうち総合職に登用されたのは9人だった。

次ページ現場経験がないと、意見が通りにくい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT