あいまいな薄毛情報に惑わされると危険なワケ

薄毛や脱毛には複数の種類と理由がある

薄毛になったり、脱毛する理由は1つではありません。自分の症状を知ることが治療への近道です(写真:プラナ/PIXTA)

最近、何か髪が薄くなってきた気がする――。年齢や性別にかかわらず、ある日鏡を見て「あれ?」と思う瞬間がある人は少なくないでしょう。にもかかわらず、薄毛や脱毛の理由や解決法はすべて一緒だと考えてはいませんか。そうした「思い込み」が状態の悪化を招いてしまうかもしれません。『ぜんぶ毛包(もうほう)のせい。』の著者で皮膚科医の花房火月氏が解説します。

あのシーザーも薄毛に悩んでいた

ユリウス・カエサル。歴史好きの人はもちろん、そうでない人も、中学・高校の歴史の教科書で目にしたことがあるのでは? もしかしたら、英語名のジュリアス・シーザーという名前なら知っているかもしれませんね。

カエサルは共和制ローマ期に活躍した政治家・軍人で、最高権力者にまでなった人物。民衆からの圧倒的な人気を誇り、女性にもかなりモテたそうで、絶世の美女として名高いクレオパトラとも恋仲だった! これだけ聞くと何の悩みもなさそうな「英雄」そのもの。

だけど、実は、そうでもない。薄毛に悩んでいたみたいなんですね。心配したクレオパトラがエジプトに伝わる軟こうをプレゼントしたり、薄いアタマを隠すために月桂樹の冠を載せたり、頭頂部の髪を前にもってきて広くなった額にたらしたり……。いろいろな努力をしていたらしいんです。それを聞いて、急に親近感が湧いてしまうのは、私だけでしょうか?

カエサルのように、薄毛で悩んでいた人は大昔から多かったようです。紀元前2000年頃の古代エジプトのパピルスには、抜け毛に悩んでいる男性についての記述があるというし、紀元前400年頃の古代ギリシャで活躍した医師のヒポクラテスは、自らも薄毛で、その治療薬を開発したとか。

17世紀のフランスでは、20代前半から薄毛に悩んでいたルイ13世がカツラを愛用していたというし、その子供のルイ14世も、髪が薄くなり始めてから、ベルサイユ宮殿で40ものカツラ業者を雇ったとのこと。やることが壮大すぎるけど、それだけ深刻に悩んでいた、ということなのでしょう。

 そんな薄毛の症状が表れる疾患として、最も多いのが「男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)」。一般に、「AGA」という呼び名が使われているので、もうご存じですね。

次ページAGAの症状が表れ始めるのはいつ?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。