新型コロナで中国の外食・ホテル業は壊滅危機

中国メディア財新「新型肺炎のリアル」2月4日

2月2日夜、「武漢市中心医院」の急患受付前の様子(写真:財新記者 丁剛)
独立系メディア・財新の記者は武漢をはじめ中国各地で新型肺炎のリポートを継続中だ。彼らは取材の第一線で得た情報を日々「肺炎日記」としてアップデートしている。

新型コロナウイルスをめぐる情勢は依然として厳しい。2月4日0時までに、感染症例は中国全土で2万件を超え、感染は広がり続けている。外食産業をはじめとするサービス業は大きな打撃を受け、多くの中小企業が短期的な資金繰りに苦しんでいる。感染拡大がいつ一服するのかは、生命にも生計にもかかわる喫緊の問題だ。

本記事は『財新』の提供記事です

中国全土の感染症例は2月3日の1日だけで3235件増え、前日比で14.4%の増加。新たな死亡例は64件、感染が疑われる症例は5072件あった。累計の感染症例はすでに2万438件にのぼり、そのうち湖北省が1万3522件を占め、425人が死亡している。

全体的に見て、感染が疑われる症例の増加ペースは下降しており、新たに感染症例が確認される都市の数も減ってきている。新たな回復例の数も5日連続で死亡例を上回り、感染拡大がコントロール可能であることを示している。

一方、感染症例が前日比で増加している省は減少している省よりも多くなっているほか、辺境地域の都市で初めて感染が確認されるケースも相変わらずあり、楽観は許されない状況だ。

書き入れ時の春節に大打撃を受けた中国

外食産業にとって、春節は書き入れ時だが、仮に春節期間の売上が例年の半分になると見積もった場合、今年の全国の小売業と外食業の売上損失額は5000億元(約8兆円)以上になる。レストラン休業の波が続く中、外食産業は店舗家賃と人件費双方のコスト面の圧力と、資金繰りの厳しさに直面している。

ある外食関連企業の責任者は、2018年と2019年は外食産業全体がそもそも不景気だったこともあり、「今回の感染の影響で、資金繰りがつかなくなってしまう」と嘆く。

次ページホテル・旅行業界には甚大な被害が…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT