新型肺炎を早期警告した武漢の女性医師の告白

もう1人の告発者は警察に口頭注意を受けた

李文亮医師に続いて、もう1 人の新型コロナウイルス肺炎の“告発者”である武漢の女性医師が財新の取材に応じた(写真:財新提供、本文とは関係ありません)
新型肺炎が拡大した2019年末、武漢で早くから注意喚起を行っていた医師は複数いた。中国の独立系メディア「財新」の取材班は、李文亮医師に続いてもう1人の“内部告発者”である謝琳卡医師を取材している。彼女は電話で警察から口頭の注意を受けたのち、公益団体から報奨金を支給したいとの連絡があったが、断っている。

医師の李文亮に続いて、新型コロナウイルス肺炎の「告発者」とされるもう1人の武漢の医師が現れた。2月1日午前、華中科技大学同済医学院附属協和医院(以下、武漢協和医院)の腫瘍センター主任医師、謝琳卡医師が財新記者の取材に応じた。

本記事は『財新』の提供記事です

伝染病を専攻していた謝医師はこのような病気に対して「警戒心が少し高い」ため、SNSの微信(ウィーチャット)グループで早期に注意を呼びかけた。

謝医師は、投稿したスクリーンショットが転送された後に、武漢警察から電話を受け「口頭で注意」されたという。警察から、虚偽の情報を流布しないように要請されたが、具体的な処罰は受けていない。周囲の人の多くは謝医師を支持している。

2019年12月30日、武漢衛生健康委員会が発行した『原因不明の肺炎に対する治療についての緊急通知』がSNS上で広まった。

注意喚起をした医師らは「告発者」と呼ばれた

そこには、武漢の多くの医療機関で原因不明の肺炎症例が相次いで出現し、肺炎が華南海鮮市場と関連しているということが書かれていた。この通知は、厳格な情報報告を求め、「いかなる機関及び個人も、許可を得ずみだりに治療情報を外部に発信してはならない」と強調している。

偶然にも、同じ日に複数の武漢の医師が微信グループで同じような情報を提供した。彼らの早期の注意喚起がスクリーンショットされ、広く拡散されたため、「ヒトからヒトへと感染する」ことがすでに明らかとなっていたこの肺炎は、一部の人々の間で早くから注目されていた。

1月20日以降、新型コロナウイルス肺炎の情況が急速に展開したため、人々は肺炎の発生源をさかのぼり、早くから注意喚起が行われていたことを知った。注意喚起をした医師らは、早期に事態を明らかにした「告発者」「早期警鐘者」と呼ばれた。彼らが置かれた状況も人々の関心の対象となった。

医師の中には、武漢市中心医院の眼科医、李文亮医師も含まれている。およそ150人の同級生仲間に「華南海鮮市場でSARS(重症急性呼吸器症候群)と診断される症例が7例見つかり、当院の救急科で隔離された」と知らせた。その後、職場での指導や警察の訓戒を受けた。(李医師へのインタビューの詳細は2月7日配信記事:『新型肺炎を武漢で真っ先に告発した医師の悲運』

2月1日午前、実名のスクリーンショットで転送されていたもう1人の武漢の医師、謝琳卡医師も身元を公開することにした。

次ページ謝医師がSNSに投稿した内容とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。