武漢の新型肺炎専門病院「建設10日間」の軌跡

1月25日に着工、その工事風景を写真で追った

火神山医院の総建築面積は6万平方メートル。そのうち新しく建設された隔離地区は約3.4万平方メートルで419の病室と1000のベッドを備える(写真:財新)
新型肺炎の発生源である武漢では、急増する患者を受け入れるための医院が10日間ほどで完成した。その驚くべきプロセスを生々しい写真で追う。撮影したのは、武漢から特報を連発して世界から注目されている独立系メディア、「財新」の取材班だ。

2月2日、新型コロナウイルスによる肺炎の患者を専門的に受け入れる武漢市の「火神山医院」がおおむね完成。

本記事は『財新』の提供記事です

翌3日から感染者を受け入れはじめた。建設が始まったのは1月25日。工期は10日間ほどと驚異的な短さだ。

火神山医院の建築面積は約3.4万平方メートルで、1000台のベッドを収容できる。感染拡大を防ぐため、雨水や汚水の処理システムや、病室から出る空気を消毒するシステムを備えている。

1400人の医療スタッフは人民解放軍のさまざまな専門チームから派遣される。このほかに政府の疾病予防控制センターや軍事科学院軍事医学研究院から15人の専門家が特別チームを組織し、現地で指導に当たる。

雷神山医院も2月5日引き渡しで建設中

火神山医院に加えて「雷神山医院」も、武漢市内の別の地区で建設中だ。建築面積は約7.5万平方メートルで、最大1600台のベッドを収容できる。引き渡し予定日は2月5日だ。

次ページ急ピッチで進んだ建設風景を写真で見る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。