株価13倍会社主催の婚活パーティーに参加した

6年でテンバガーの仲間入りはダテじゃない!

【1月23日 木曜日】日経225先物は、190円安の2万3830円、NYダウは、9ドル安の2万9186ドル。カラオケ事業から撤退したシダックス(4837)が5円高の303円と逆行高。日経平均は、235円安の2万3795円で全面安。新型コロナウイルスによる肺炎への恐怖が広がる。パンデミックにならなければ、一時的な下げで終わりそうだが、中国は25日から春節(旧正月)となり人の移動で、ウイルスが拡散しなければよいのだが。

【1月24日 金曜日】日経225先物は、40円高の2万3790円、NYダウは、26ドル安の2万9160ドル。新型肺炎、国内2例目の感染確認。拡大懸念根強いが、日経平均は、31円高の2万3827円。

「テンバガー銘柄」企画の婚活パーティーに参加

【1月25日 土曜日】婚活サービス提供会社のIBJ(6071)の企画したパーティーへ参加してきた。参加者は、男女各12人でやり方は、スマホアプリまたはiPadミニを使って行われる。

番号をタッチするとその人のプロフィールが見られるようになっており、それを見ながら会話をすることになっていた。最後にカップルになるところまで全てアプリで、できるようになっていた。参加費は男性5000円、女性3000円程度。

いろいろなテーマや条件でパーティーが開催されており、一度に多くの方と会えるのがメリットかなと思う。IBJの昨日の株価は、33円高の1337円とこの一年で株価はほぼ2倍、6年間で約13倍にもなっており、テンバガー(10倍以上)銘柄となっている。指標としては、PER(株価収益率)は36倍、PBR(株価純資産倍率)は11.8倍と高めで、配当利回りは、0.67%(年9円)となっている。

実は、私は独身なのだが、結婚したいと思っている。ちなみに出身は東京都。まずはフェイスブックなどSNSでの「友達リクエスト」などからスタートできれば。日経225先物は、160円安の2万3640円、新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、NYダウは、170ドル安の2万8989ドル。1ドル=109.25円、1ユーロ=120.44円、1ポンド=142.79円。

節目の2万4000円を超えられない?

令和2年となり、早くも1カ月が経とうとしている。アメリカによる敵対するイラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺害に始まり、一段落したかと思ったら、今度は、中国・武漢での新型コロナウイルスによる肺炎の人から人への感染拡大と予想もつかないことが起こり、日経平均株価は、1月14日に2万4000円台を回復したものの上値が重い展開を余儀なくされている。一難去ってまた一難だ。

日経平均株価の節目は、2018年1月と10月に付けた2万4000円台の高値であり、ここから下げるとチャートの形として「三尊天井形成」となり、下げのサインとなってしまう。目先は、新型コロナウイルスの感染が、拡大するか収束するかで、日経平均株価も左右されかねない状況だ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT