コロナウイルスの「国内感染」はもはや免れない

SARSやMERSと比べて感染力は?致死率は?

日本経済や日中関係を考えればやむをえないだろう。特に観光業・小売業が今日、中国観光客に大きく頼っていることは否定できない。中国からの訪日旅行客は2018年には838万人に上り、日本国内で1人平均22万円以上を消費している(うち12万円近くは、百貨店、ドラッグストア、スーパーマーケット、空港内免税店などでの買い物。『訪日旅行データハンドブック2019』による)。単純計算で、2兆円近い市場だ。

しかも、バス運転手たちが武漢からの観光客と行動を共にしたのは、感染発覚よりも2週間も前のことだ。それから発症までの10日余り、国内で日常生活を送る中で、当然ながら多くの人と接触している。その間に感染を広げていない保証はどこにもない。

さらに、武漢から政府チャーター機第1便で帰国した日本人206人のうち、3人が新型コロナウイルスに罹患していたことが判明(症状のある50代男性と、無症状の40代男性、同50代女性)。これを元に単純計算すれば、封鎖直前の武漢から日本を訪れた人の1.5%がウイルスを持ち込んでいる可能性もある。

そうした状況を踏まえると、日本国内での感染の広がりを未然に防ぐことは、もはや現実的ではない。必要なのは、感染拡大を前提として、正しい知識を共有し、各自ができる限りの予防に努めることだ。

以下、これまでにわかっていること、そのうえですべきことをまとめておく。

コロナウイルス自体は珍しいウイルスではない

世界中が危機感を募らせているが、コロナウイルス自体は決して珍しいウイルスではない。年間を通じて流行する、一般的な風邪の原因ウイルスの約10~15%は、コロナウイルスである。「コロナ」とは、ギリシャ語で王冠を意味する。ウイルスを顕微鏡で見たときに、表面に突起が並び、王冠のように見えることから名づけられた。

ヒトの間で感染するコロナウイルスは、これまでに6種類の型が知られている。そのうち4種類は風邪の原因となり、あとの2つはいわゆるSARS(重症急性呼吸器症候群)とMERS(中東呼吸器症候群)だ。しかし今回の武漢発コロナウイルスは、そのいずれとも型が異なる。世界保健機関(WHO)ではこれを一時的に、「2019-nCoV」と命名した。すでにヒト-ヒトの4次感染が起きていると警告している。

では、この新型コロナウイルスは、どうやって生じたのだろうか?

次ページ武漢の市場で売買されていた野生動物からヒトへの感染
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。