50年行列が続く!地味な「駅ビル喫茶店」の秘密 客の95%が注文「昭和ホットケーキ」がスゴい

印刷
A
A

3つめは、従業員全員で「本物のホットケーキ」を提供しようという気持ちでいることです。

【3】従業員全員で「本物のホットケーキ」を提供する

店内のカウンター席の一部はガラス張りになっていて、ホットケーキが銅板で焼けていく様子を見ることができます。ホットケーキ好きにとっては、よりホットケーキを楽しめる特等席です。

ホットケーキが焼き上がっていく様子をカウンター席から楽しめる(撮影:今祥雄)

50年使い込んでいる銅板は、見事に磨き込まれています。シンプルな食べものだからこそ、材料の選別、仕込み、焼き加減など「繊細な職人技」が活きてきます

黒川さんはこう言います。「いくらいいレストランでも、キッチンを見せられないのはダメ。オープンカウンターにしているのは、『見せていい仕事』だという誇りでもあるし、お客さまも安心だと思います」。

そして、このお店で特筆すべきは、「従業員の対応のよさ」です。大学生や高校生のアルバイトが中心ですが、その対応がてきぱきしていて、実に気持ちがいいのです。

休日などはさぞかし重労働かと思うのですが、黒川さんはこう教えてくれました。「平日は4人で回していますが、チームワークがいいからできること。お客さんがたくさん来て、混み出すとみんなノッてきます」。

アルバイトの女子大生の言葉が、このお店のすべてを物語っています。「『本物のホットケーキ』を提供しているというプライドがあります」

「一見ありふれたもの」でもビジネスとして成功できる

一般的には、ホットケーキはありふれた食べものだと思われています。しかし、「ありふれているからビジネスとしてうまくいかない」という考え方はきわめて短絡的です。

たとえ「商品」がありふれたものでも、「味」がありふれていなければ、売れるはずです。逆にいえば、売れないのは、「商品」がありふれているからではなく「味」がありふれているからなのです。

ありふれているものでも、「本物」を提供すれば、ビジネスとして成功することはできます。50年行列が途切れないお店は、私たちに「大事なビジネスのヒント」を教えてくれているのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT