日本の株式市場に明日はあるのか?


どうなる日本の証券取引市場

 しかし、今回の法改正は、規制の強化だけではありません。証券取引所に対する規制の枠組みも変わりました。

 「ライブドア事件」に引き続き「村上ファンド事件」も起きて、少し忘れられていますが、この数年、東京証券取引所が、色々な問題を起こしています。昨年のシステムの障害、ジェイコムのご発注問題など年末には社長が責任を取って辞任しました。また、今年に入ってからは、ライブドア株の大量処理発注によるシステムの停止など色々な問題を引き起こしています。そのようなこともあり、この証券取引法の改正において、いくつかの制度変更に踏み切りました。

1)取引所の自主規制機能の遂行の独立性を確保するため、自主規制業務を担う機関として、「自主規制法人」(別法人)の設立、又は「自主規制委員会」(同一法人内の別組織)の設置を可能とする制度の整備。

2)株式会社形態の取引所がその発行する証券を上場する場合の内閣総理大臣の承認制度を整備。

3)株式会社形態の取引所の主要株主規制として、20%を超える議決権の取得・保有を金融商品取引所、地方公共団体等を除き禁止(注:金融商品取引所に限定されているのが曲者です。)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。