働かないオジサンの「満たされない」キモチ

人生後半戦は「人生を2回生きる」ことで乗り切る

変わることには時間を要する。むしろ時間の経過自体が変化を生み出すといってもいいだろう。さなぎの期間を経なければ、蝶にはなれないのである。

私は40代後半から、サラリーマンのかたわら、執筆などに取り組んできた。その中で感じることは、新たな能力を身に付けたり、物事を深めるためには、やはり時間をかけないとどうにもならないということだ。

脱「働かないオジサン」の実例

自分の人生を時間軸でとらえ直して、働かないオジサンから脱出した人は少なくない。たとえば、小さい頃に好きだったことを、中高年になってから再び始めた人だ。

40歳を超えてもなかなか課長職に昇格ができなくて、同期に遅れていたことで意気消沈していた人がいる。彼は昔から取り組んでいたスノーボードを再び初めて、インストラクターになった。そうすると、教えることを通じて人に貢献できる自分を見いだして、元気を取り戻した。彼の言葉でいうと、「人に役立つ自分を知って、自信を持つことができた」という。そのことが会社の仕事にも好影響を与えたのか、課長職にも昇格できたのである。

子供の頃から好きだったモノづくりに本格的に取り組んで、サラリーマンや公務員から提灯職人や耳かき職人として独立した人もいる。

また、人生が80年ならば、50歳からでももう1回勝負できると、メーカーの部長職をやりながら7年かけて美容師の資格を取ったビジネスマンもいる。現在ではいくつかの美容室を立ち上げて、70歳を超えた今も現役の美容師として活躍している。

彼らのように2回生きる人生は、とても豊かであるように私には思える。私も、それを目指している。

人生の後半戦は、やはり重要なのだ。しかし、充実した後半戦のためには、前半戦をきちんと乗り切り、かつ「こころの定年」に正面から向かい合っていなければならない

ここが大変なところであり、また面白いところでもあるのだ。そういう意味では、働かないオジサンは1回しか生きていない人が多いのである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT