「GRヤリス」乗ってわかったトヨタの本気度

20年ぶりに復活した「スポーツ4WD」の実力

ターマック/グラベル共に短い時間の試乗だったので、今回はその性能の一部を味見した程度にすぎないが、総じて言うとレベルは非常に高い。

基本は安定志向だが、ドライバーの操作でさまざまな顔を見せてくれるうえ、ドライバーが失敗したらその失敗をシッカリ教えてくれる……つまり、「クルマとの対話」がしやすいのだ。

このあたりは「86」や「スープラ」にも通じる、トヨタの“味”だと思う。ちなみにまだ章男社長の「合格」をもらっていないそうなので、市販直前まで開発は続くだろう。

価格は396万円~456万円

GRヤリスは、トヨタが最も苦手とする「少量生産」にチャレンジしたモデルでもある。

スポーツカー継続のために86はスバル、スープラはBMWとタッグを組んだが、GRヤリスはトヨタで自社生産される。

齋藤氏は「スポーツカーの開発/生産は特別なことではなく、現地現物を基本とし、ムリ/ムダ/ムラをなくす『TPS(トヨタ生産方式)』を愚直にやることがいちばん大事でした」と語っている。

生産は元町工場のスポーツカー専用ライン「GRファクトリー」を新設。タクトタイム600秒、ベルトコンベアのない特別なラインで1台ずつ丁寧に生産される。

東京オートサロン2020では「GRヤリス」の公開とともに2020年のWRC参戦体制が発表された(写真:トヨタ自動車)

WRカーのホモロゲーションを取得するには、ベースとなるモデルが「連続した12カ月間に2万5000台を生産すること」が必要となる。トヨタ関係者の中には「特殊なモデルだから」と心配する人もいるようだが、世界でも数少ないモータースポーツ直系のスポーツ4WDへの期待は高い。2万5000台は、あっという間に売り切ってしまうだろう。

価格は、RZ“High-performance・First Edition”が456万円、RZ“First Edition”が396万円と発表されたが、性能とこだわりを知ると決して高くはない。まさに「令和の4WDスポーツ」の誕生だ。

GRヤリスを購入することは、トヨタのWRC活動に間接的に協力することになる。筆者もその1人になりたいと思っている。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。