新国立競技場はサッカーの「真の聖地」になるのか

ピッチの遠さやゴール裏の設計などにも課題

新国立競技場で開催された今年の天皇杯決勝(筆者撮影)

2020年東京オリンピック・パラリンピックイヤーの幕開けを飾る第99回天皇杯決勝・ヴィッセル神戸対鹿島アントラーズ戦が元日に行われた。その舞台となったのは完成したばかりの新国立競技場だ。

昨年末の12月21日にこけら落としイベントが盛大に開かれたものの、スポーツイベントとしては天皇杯決勝が初。日本サッカー協会の田嶋幸三会長も「重要な五輪のテスト」と位置づけ、入念な準備の下、当日を迎えた。

新国立競技場の外観(筆者撮影)

好天に恵まれた新年初日。最寄駅の1つである外苑前駅が銀座線の運休で使えず、JRと都営大江戸線の利用に偏るため、アクセス面で多少の混乱があるのではないかと懸念された。

だが、開門がキックオフ3時間前の11時35分に設定され、それに合わせて早めに訪れた観戦客が多かったのがまず幸いした。チケット保有者がどのゲートからでも入場できるようにしていた点も奏功し、5万7000人超の大観衆の流れは比較的スムーズだった模様だ。

ただ、年初時点では、周辺道路の工事が終わっていないため、人々が移動しづらい環境だったのは確かだ。車いす観戦者が地上の道路で混雑に巻き込まれ、困惑する様子も見受けられた。すべての工事が完了し、周辺の柵が取り払われた後は道路幅も広がるというが、現状ではバリアフリー対応が十分とは言い切れないところがあった。

利便性はまだ改善の余地がある

2階コンコースをチケット保有者の往来に限定していた点も懸念要素の1つ。

新国立競技場の脇の歩道はやや狭い(筆者撮影)

千駄ケ谷駅から新国立へ行く最短ルートである東京体育館横を通って連絡橋に出るルートを例に挙げると、チケットがない者は「先には進めません」と一蹴されてしまう。

われわれ報道陣はもちろんのこと、ほかの関係者や近隣住民も同様だった。東京体育館裏の階段で道路に下りようとしてもこの日は封鎖中。結局、千駄ケ谷駅までいったん戻り、別の道を大回りするという不便を余儀なくされた。

昨年12月にEAFF E-1選手権取材で赴いた韓国・釜山のアジアード・スタジアムでは最寄りの地下鉄駅から連絡橋で直結しており、コンコースを周回しつつ、何カ所かある階段から下のフロアへ行ける構造になっていた。だが、新国立はまったく事情が違った。今後の運用が未定だが、敷地が広がった分、移動の負担が増したのは事実。2階コンコース外側部分を自由通路にするといった利便性向上を模索していくことも今後の課題だろう。

次ページプラスとマイナスが同居した競技場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT