新駅舎に移転「銀座線渋谷駅」は便利になったか

改札2カ所、乗り換えの動線はシンプルに

東京メトロ銀座線渋谷駅の新ホーム。M型のアーチ屋根が特徴だ(撮影:尾形文繁)

東京メトロは1月3日までに銀座線渋谷駅の駅移設工事を完了し、同日5時01分の浅草行き始発列車から新駅舎の使用をスタートした。

新駅舎の供用開始式典には東京メトロの山村明義社長も姿を見せ、満面の笑みで始発列車を見送った。1927(昭和2)年に東洋唯一の地下鉄としての第一歩を踏み出した銀座線、それから約10年後に開業した渋谷駅。その駅は2020年に新しく生まれ変わり、新たに82年目の歴史を刻み始めた。

白とオレンジの新駅舎

新しくできあがった新駅舎を堪能するなら、明治通りに面した渋谷ヒカリエ側の「明治通り方面改札」から入ることをお勧めしたい。この出入口は、駅の移設に伴って設置されたまったく新しい改札口だからだ。

新たに開設された東京メトロ銀座線渋谷駅の明治通り方面改札(撮影:尾形文繁)

新駅舎はここから明治通りの真上を横切るようにJR渋谷駅側に延びる。駅舎と線路を支える7本の橋脚は、太くがっしりした3本の橋脚に変わった。そのすぐ間近に改札があり、「銀座線 渋谷駅」の文字が刻まれている。

改札を通過した先に見えるのは、ミルクのように光沢のある「白」の駅舎内と、そこに映える銀座線のラインカラー「オレンジ」のコントラストだ。空間をきれいに切り取ったかのような白い壁は、これまでの東京メトロの駅になかった雰囲気だ。

駅は3層構造で、改札階とホーム階の間には将来的に渋谷ヒカリエの2階に直結する改札口が設けられる予定のフロアがある。エスカレーターは改札階からホーム階まで一気につながる。今はエスカレーターのほかは階段だけだが、五輪開催前までにエレベーターも稼働する予定だ。

次ページ広々としたホーム空間
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。