銀座線渋谷駅「6日間運休」で挑む工事の全貌

ホームを表参道寄りに130m移設、幅も広く

東京メトロ銀座線渋谷駅の移設工事現場。屋根がかかっている部分が新しいホームになる(撮影:尾形文繁)

1938年12月の開業以来、「ビルの3階に地下鉄が乗り入れる駅」として親しまれてきた東京メトロ銀座線の渋谷駅。昭和、平成と81年の歴史を刻んできた同駅のホームを移設する工事が12月28日から始まった。

工事に伴い、銀座線は年明け1月2日まで丸6日間、渋谷―表参道間と青山一丁目―溜池山王間で終日運休する。「これだけ大規模な運休を伴うのは初めて」(東京メトロ)という大工事を経て、1月3日始発から新ホームの使用を開始する予定だ。

新しいホームは従来より130mほど表参道寄りに移動し、明治通りをまたぐ形に。ホームの構造も、乗車・降車が別々だった従来の「相対式」から、2本の線路に挟まれた形の「島式」に変わり、幅も広がる。令和最初の正月、銀座線渋谷駅は新たな時代を迎える。

工事開始から10年、ついに移設

高さ230mの複合施設ビル「渋谷スクランブルスクエア」が今年11月に開業するなど、「100年に1度」といわれる規模で進む渋谷駅周辺の再開発。銀座線の駅移設・改良もその一環だ。

2016年10月、最初の線路移設工事直前の銀座線渋谷駅(撮影:尾形文繁)

銀座線渋谷駅は1日約22万人が利用する、東京メトロの中でも主要なターミナル駅の1つ。だが、ビル内にホームがある構造などから開業以来大規模な改修が行われず、片側約3mというホームの狭さやバリアフリー施設の未整備といった課題を抱えていた。駅の移設は、これらの課題を改善することが狙いだ。

工事は2009年2月にスタート。2016年11月と2018年5月には運休を伴う線路の切り替えを行い、ホーム移設に向けた準備を進めてきた。「ようやくこのタイミングで駅を移設するところまできた」と、東京メトロ改良建設部の西川祐技術課長は言う。

次ページこれまで線路だった場所にホームを新設
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT