「大目に見る」上司ほど無能である悲しい現実

リーダーこそ「セルフィッシュ」であれ

リーダーこそ「大目に見ること」をやめ、セルフィッシュ(自分本位)であるべきだ(写真:Zinkevych/PIXTA)

「文句を言うな」「仕事なんだから仕方ないだろう」「波風を立てるな」「周囲とうまくやりなさい」「場をわきまえろ」「大人になれ」……。

このような言葉を、あなたは部下にかけていないだろうか。あるいは、

「このくらいは鷹揚に構えて、大目に見てやるか」
「理解ある上司になるには大目に見ることも大事だ」

このような言葉を、上司であるあなたは、自分に言い聞かせていないだろうか。

嫌なことに対して「大目に見る」ように言われるのは、私たち人間の常といっていいだろう。どれも助言としては間違っていない。物事に柔軟であることも、周囲になじむことも、いずれも美徳だからだ。

しかし、この「大目に見る」ことを続けていくと、自分自身を麻痺させていくことになる、と指摘されたら、あなたはどう思うだろう。

「理解ある態度」は無能の証?

約30カ国でパーソナル・コーチを輩出し、パーソナル・コーチングの父と呼ばれたトマス・レナードは、大目に見ることが当たり前になっていくマイナス点に、次のことを挙げている。

1、問題になりそうな状況や人間関係に巻き込まれたときに、根本的な解決ができない。
2、ひるんでしまうような場面で、思い切った行動を起こせない。
3、ずっと悩みの種になっていることを放置し続ける。先延ばしにする。
4、自分の意思を持って、率直にものを言ったり変化を起こしたりすることができない。
5、「大目に見てくれる人だ」と感づいた、エネルギーを奪うような人たちが、あなたに近づいてくる。
6、コミュニケーションスキルに問題が生じる。

どうだろう。もしもこのような人物が上司だったら? いわゆる「無能なリーダー」の典型ではないだろうか。

もしもあなたが、チームのリーダー的立場であり、「大目に見る」ことが「理解ある上司の姿」だと思っていたら、ぞっとしないだろうか。

ではどうしたらいいか? そのヒントをコーチングのバイブルであり、パーソナル・コーチングの父トマス・レナードが書いた世界的ロングセラー『セルフィッシュ 真の「自分本位」を知れば、人生のあらゆる成功が手に入る』から取り上げてみたいと思う。

次ページ大目に見るとはどういうことか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT