「今年の米経済成長率、3%程度に」

バーナンキ前FRB議長、米国経済の成長を予測

3月4日、バーナンキ前米FRB議長は、米経済の見通しは他の先進国に比べて明るいと指摘、米経済が今年3%程度の成長を続けると予想する十分な理由あるとの認識を示した。ワシントンで1月撮影(2014年 ロイター/Gary Cameron)

[アブダビ 4日 ロイター] -バーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長は4日、米経済の見通しは他の先進国に比べて明るいと指摘、米経済が今年3%程度の成長を続けると予想する十分な理由があるとの認識を示した。

アラブ首長国連邦(UAE)で行われた金融関連の会合で講演した。1月の退任後、公の場で講演したのは今回が初めて。

前議長は、住宅部門に回復の兆しが出ており、建設産業が拡大するだろうと予想。

米国の危機はまだ終わっていないとも述べ、「米国がまず最初に学んだのは、米国は危機に強いわけではないということだ」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT