「今年の米経済成長率、3%程度に」

バーナンキ前FRB議長、米国経済の成長を予測

3月4日、バーナンキ前米FRB議長は、米経済の見通しは他の先進国に比べて明るいと指摘、米経済が今年3%程度の成長を続けると予想する十分な理由あるとの認識を示した。ワシントンで1月撮影(2014年 ロイター/Gary Cameron)

[アブダビ 4日 ロイター] -バーナンキ前米連邦準備理事会(FRB)議長は4日、米経済の見通しは他の先進国に比べて明るいと指摘、米経済が今年3%程度の成長を続けると予想する十分な理由があるとの認識を示した。

アラブ首長国連邦(UAE)で行われた金融関連の会合で講演した。1月の退任後、公の場で講演したのは今回が初めて。

前議長は、住宅部門に回復の兆しが出ており、建設産業が拡大するだろうと予想。

米国の危機はまだ終わっていないとも述べ、「米国がまず最初に学んだのは、米国は危機に強いわけではないということだ」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT