米国でチューバ奏者が作った金管ラップの凄さ

小学校で休む暇もなく上演されたプログラム

スワボーダ氏はそういう「オーディエンス愛」を明確に見いだしているのがわかる。

子供を対象にしたプログラムの創造と上演実現に至る過程において、プロ演奏家やそれを目指す学生にとってはあまり普通は思いつかないような道をスワボーダ氏はたどった。

「コロラド州デンバーのデンバー・ブラスで演奏しているキャシー・ブラナガンと知り合った仕事をきっかけに、いくつかの経験を得ることができた。1つは、芸術関係のNPO団体で働くこと。NPO組織で働いたことは、ビジネスのスキルをたくさん与えてくれた。ビジネスを作り上げるために、自分の考えをどう組織化するか、それをどうマーケティングし、計画を立案し実行をどうオーガナイズするか。キャシーは、それらのことについてもメンターとして助けてくれた」

オーケストラでの演奏やアンサンブルでの演奏を目指そうとするのではなく、チューバ演奏を通じて子供達への教育をしようと望む。

そのために、教育現場に対して「自分以外の人」が演奏するグループをプロモーションする仕事を見つける。さらにその仕事を通じて、プロジェクトを興し実現するために必要なことが学べる別の仕事を経験する。

この流れは、転職していくことを通じて異なるスキルや経験を獲得してスキルアップとキャリアアップをし、より大きな仕事をしていくというもので、一般的な企業の世界では当たり前の流れだ。

しかしクラシック音楽の世界では、話題に上ることもなければ発想されることもまれなものである。それだけクラシック音楽の世界が異質かつ高度に専門的、その避けられない裏返しとしてせまいことでもあるということだ。

キャリアは組み合わせで作られている

そういう世界で生き、学ぶひとにぜひ触れていただきたい、スワボーダ氏の言葉がこれである。

━━「音楽家として、わたしたちが”成功”というものを考えるとき、A地点からB地点へと道筋がきれいにできていて、そこをいかに走り抜けるか、というふうに考えがち。

でも現実には、道はジグザグで、あまり人が歩んできていない舗装されていないような道を歩んでたどり着く場所が”成功”であることのほうが多いと思う。どんな”未舗装”の道を歩むかという選択が、あなたのキャリアに影響を与える。たどり着く場所というのは、目の前のタスクに対して辛抱強く、十分な献身でもって取り組み続けた結果。その過程は大抵、きれいに舗装された道じゃない。

よく授業でする話なのだけれど、キャリアというのは、自身が選択するいくつもの異なる道の”組み合わせ”で作られているのよ、と。それがわたしたち音楽家、芸術家のあり方なのね。だから、生計を立てるために、いろんなことを同時にやっていたとしても、それは失敗者ではない。やりたいことをやるためならね」━━。

次ページ全米でも反響を呼ぶことになった金管ラップ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。