令和の日本に異変「住みたい街」が大きく変わる

厳選!2020年版ゆく街・くる街

埼玉県では2つの街が注目の街に(写真:かみぞー/PIXTA)

「東洋経済オンライン」で恒例になりつつある「ゆく街・くる街」。春に新しい暮らしを控えている人も、そうでない人も自分が住んでいる、あるいは今後住むことになるかもしれない街は気になるものだ。

引っ越しをする際、多くは勤務先、通学先などへの利便性から街を選ぶ人が多いが、昨今はそれにとどまらず、自分のしたい暮らし、楽しみなどから選ぶ人も増えている。高齢化が進む中でも将来に向けて動いている、変化のある街もあれば、変化がマイナスに転じかねない街も。2020年、注目したい街を並べてみた。

小さい街ほど化ける可能性が大きい

世田谷区 小田急線豪徳寺駅×世田谷線山下駅~商店街に個性店続々

長年、これから面白い街はどこですか?と聞かれるたびに東急世田谷線松陰神社前を挙げていた。不思議がられること数年、ここ3年ほどでようやく認知されるようになったが、この経験から「小さな街ほど化ける」可能性を認識した。小さな店舗を安くで借りられるため、個人がとがった店を出しやすく、エリアが小さいため、波及効果が大きいのである。

今、その意味で変化が形になって見え始めているのが松陰神社前から4駅下高井戸駅寄りの山下駅周辺。小田急線豪徳寺駅と交差しており、近くに招き猫で知られる古刹豪徳寺があることから近年、外国人観光客も増えている。山下以遠の世田谷線沿いに広がる赤堤は1932(昭和7)年以降区画整理が行われた整然とした住宅街でお屋敷街として知られる。

奥に見えているのがユヌクレの行列。平日の午後だったのでこの程度だが、休日になると大行列になる。右手の白い建物は姉妹店で雑貨や食品を販売している(筆者撮影)

商店街としては山下駅側、豪徳寺駅側と2つあるのだが、もともとあった銭湯や金物屋、ビリヤード場などはそのままに、個性的でレベルの高い店がゆっくりと、だが確実に増加しており、とくにおいしいモノが好きな人にはお勧めである。

例えば、山下商店街を抜けた緑道近くにあるパン屋uneclef(ユヌクレ)は食べログの評価3.84の行列店。フルーツデニッシュやレモンケーキが名物だが、夏にはベトナムのサンドイッチ・バインミーも。世田谷線はおいしいパン屋がそろう沿線でもあるのだ。

次ページお次は埼玉県のあの街
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 就職四季報プラスワン
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。