ラグビー日本代表も実践「簡単1分ストレッチ」

動いていない筋肉をしっかり「しつける」

【背中の「多裂筋」をよみがえらせるストレッチ~「壁ペタ伸ばし」~】

「壁ペタ伸ばし」は胸をぐいっと伸ばし、多裂筋を縮めて背中をそらす動きを体の筋肉にしつけるストレッチです。体をベターと伸ばして柔軟性と痛みのない体を取り戻しましょう。

① 腕を上に伸ばし、壁に向かって立つ。足を肩幅に開いて壁を向いて立ち、両腕を真上に伸ばして手のひらを壁につける。

② 壁から胸を離さずぐっと腰を落とす。手のひら、胸を壁から離さず、息を吐きながら、ぐっとお尻を突きだすイメージで、ゆっくり腰を落としていく。限界まで下げたら、ゆっくり元の姿勢に戻す。これを10回繰り返す。

※きついときは、足先をかべから少し離すとストレッチがラクになります。ただし、離れても5~10cm程度。それ以上離れると効果がなくなります。また、肩が痛いときは、両腕を60°くらいYの字に開くとストレッチがラクになります。

(出所)『1分間だけ伸ばせばいい』

足指グーッと伸ばしの解説はこちら

【足指の「伸筋群」をよみがえらせるストレッチ~「足指グーッと伸ばし」~】

足指グーッと伸ばしは、動かなくなっている「足指の伸筋群」の動きをよみがえらせるストレッチ。

①片足の足指を曲げて、マットやバスタオル、座布団などに立てる。マットやクッションなどのやわらかいものの上で、足指を付け根からグーっと曲げて軽く押し込む。

②すねを伸ばしながら、足指を軽く押し込んで10秒キープ。左右3回繰り返す。

※きついときは、イスに座り、マットなどの上に足指を曲げて立て、足首からすねまで真っすぐ伸ばして10秒キープ(ひざを伸ばす必要はありません)。3~5回左右行います。

(出所)『1分間だけ伸ばせばいい』

紹介したストレッチは、ラグビー選手をはじめとするトップアスリートや、モデルやタレントさんたちも体験して、効果を実感してくれているストレッチです。

整体やストレッチなど、「今まで何をやっても効果が実感できなかった」という方、「もう治らない」と諦めていた方にこそ、ぜひ試してもらえればと思います。ハードなものではなく、筋肉を1分間伸ばすだけです。空き時間を見つけて実践してみてはいかがでしょうか?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。