冬こそ"お湯シャンプー"すべきこれだけの理由

冬の乾燥トラブルをブロック

よく“髪の毛に栄養を行き届かせる”などという表現を耳にしますが、それは絶対にありえません。髪の毛自体に栄養を代謝させる器官がないからです。

髪の毛は若返らない!? 乾燥から髪を守る湯シャン

例えば、細胞が栄養素を取り込んで皮脂腺を作る、修復するというのが生命現象ですが、髪の毛にはその機能がありません。髪の毛を切っても痛みを感じないのはそのためです。

また、若いころはつや、ハリ、太くてキューティクルがあった髪の毛が、年をとるにつれてつややハリもなく細くごわごわしてくるのは、毛根が健康的な髪の毛を作れなくなっているからです。残念ですが、これを若返らせることはできません。

よく美容院に行って“つややハリが戻った”と思われるでしょうが、言い方は悪いですが、“車のワックスがけ”と同じことで、髪の毛を一時的にコーティングしているだけなのです。

ワックスをかける必要のなかった新車が、年月がたつにつれて色つやが落ちてくるように、髪の毛も同様でトリートメントなどのケアが必要になります。

なので、日ごろからドライヤーを長時間あてない、紫外線からキューティクルを守るなど、いかに髪の毛の質をキープしていくかにかかっています。その手助けのひとつとなるのが、皮脂を残して乾燥から頭皮と髪の毛を守り、いたわることができる湯シャンなのだと思います。

北條元治
医学博士株式会社セルバンク代表取締役。RDクリニック顧問。東海大学医学部非常勤講師。信州大学医学部附属病院勤務を経てペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学にて同研究と熱傷治療に従事。'04年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンクを設立。著書に『美肌のために必要なこと』(スタンダーズ刊)、ほか多数。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT