冬こそ"お湯シャンプー"すべきこれだけの理由

冬の乾燥トラブルをブロック

皮脂がなくなると角化層がはがれ落ちやすくなりますが、これは深爪と同じで何らかの刺激ですぐに出血してしまいます。つまり、シャンプー剤を過度に使うことは、頭皮を守ってくれる皮脂を過剰に洗い落としてしまうのです」

当然のように毎日使っていたシャンプー剤は、頭皮乾燥の原因にもなっていたのだ。

ただ、これまで実際に湯シャンを試した人もいるはず。でも、シャンプー剤を一切断ったものの、逆に頭皮のべたつきやにおい、かゆみが出てしまい挫折してしまったケースも少なくないのでは。それは、やり方が間違っていたのかもしれない、と北條先生。

「湯シャンといっても“シャンプー剤をまるっきり使うのをやめる”のはオススメしません。推奨したいのは2日に1度、シャンプーをした次の日は頭皮をいたわる気持ちで湯シャンにすることです。

最初は物足りないように感じるかもしれませんが、“明日、シャンプーで洗えばいいか”と気楽に構えてください。毎日、朝晩にシャンプーをしていたとすれば、肌にかかる負担は4分の1に減ります」

湯シャンのメリット

2日に1度でいいのだ。それだけで十分に頭皮は乾燥から守られ、いいほうに改善されていくという。さらに、こんな作用をもたらすことも。

「これまでシャンプー剤を多用して頭皮に負担をかけていた人が、湯シャンにすることで髪の毛が増えることもあると思います。

極端な例で言えば、皮脂を過剰に落としすぎて皮膚炎を起こした場合、それが抜け毛、薄毛の原因になっていたとも考えられます。これを湯シャンで頭皮のコンディションを整え直してあげることで、再び髪の毛も元どおりになることもあります」

もちろん、「それぞれに体質があり、すべての人が湯シャンに向いているわけではない」と北條先生は話す。それでも代謝機能が衰え始める30代からは、また冬の乾燥に備えて頭皮のケアが大事だ。

「フケやかゆみがある方、抜け毛や薄毛に悩んでいる方、頭皮に何らかの不安をもっている方は、試しに湯シャンを始めてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、その原因はシャンプーのしすぎにあるのかもしれません」

次ページ「正しい湯シャン」のやり方
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT