苦戦の米ギャップ、中国での巻き返しなるか

「オールドネイビー」ブランドの成功がカギ

3月1日、米衣料品大手ギャップは、中国への進出で競合他社に出遅れているが、傘下の「オールドネイビー」ブランドの店舗開設で認知度を上げ、巻き返しを図る計画。米コロラド州で2月撮影(2014年 ロイター/Rick Wilking)

[上海 1日 ロイター] -米衣料品大手ギャップは、中国への進出で競合他社に出遅れているが、傘下の「オールドネイビー」ブランドの店舗開設で認知度を上げ、巻き返しを図る計画。

ギャップの中国1号店開設は2010年と他社よりも遅く、現在の店舗数も約80と、スウェーデンのへネス・アンド・マウリッツ(H&M)や、スペインのインディテックスのブランド「ザラ」、日本のファーストリテイリング<9983.T>の「ユニクロ」の店舗の半分程度。

ギャップは1日、より値ごろな「オールドネイビー」ブランドの中国1号店を上海にオープンした。年末までに5店舗に増やし、ギャップブランドの店舗もさらに30店オープンさせる計画。

同社上海事業部のKirwan氏はインタビューで「北米地域を除くと中国は最大の市場という認識で幹部は一致している。中国は成長のための最良手段だ」と語った。

ギャップは、他国よりも規模が大きいオンライン販売市場を中心に、中国国内の小売り業者と提携し、ブランド力の向上を進める計画という。Kirwan氏は、ギャップとオールドネイビー両方のブランドについて、インターネット販売に注力する、と語った。

KPMGの消費者向け市場部門・アジア太平洋地域のニック・デブナム会長は「中国人はネット利用が多く、ソーシャルメディアである程度話題になれば、急速に広範の消費者に訴求できる。逆にソーシャルメディアを活用できなければ消費者向けブランドが中国で成功するのは難しいだろう」との見方を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT