アンテキヌスの男たちが迎える壮絶すぎる最期

自分の死と引き換えに「未来」という種を残す

「メスと次々に」と言えば、軽薄で浮ついたプレイボーイを想像して、うらやましいと思う男性諸兄もいるかもしれないが、その実態はそんなに甘いものではない。アンテキヌスの性生活は壮絶なのだ。

アンテキヌスのオスは、あまりに交尾ばかりを続けているため、体内の男性ホルモンの濃度が高くなりすぎて、ストレスホルモンもまた急激に増加する。そのため、体内の組織はダメージを受け、生存に必要な免疫系も崩壊してしまうという。

毛が抜け落ちて目が見えなくなることも

それが原因で、毛が抜け落ちて、目が見えなくなることさえあると言うが、自分の体をいたわることはなく、オスは交尾を繰り返す。もう、彼らの体はボロボロだ。それでも、彼らは交尾をやめることはない。命ある限り、彼らは交尾を繰り返すのだ。

やがて、2週間という繁殖期間が終わる頃、オスのアンテキヌスたちは精根尽き果てていく。そして、次々に命を落とし、短い生涯を終えるのだ。

何という壮絶な死だろう。何という壮絶な生涯だろう。

一方のメスは違う。出産しなければならないメスは、交尾を繰り返したとしても、子どもの数が増えるわけではない。そのため、命を賭(と)してまで、不必要に交尾を繰り返すことはない。メスには出産をして、子育てをするという大切な仕事が残されているのだ。

生物の進化を顧(かえり)みれば、オスという性は、メスたちの繁殖をより効率的に行うために生まれたと言われている。

「男」というのは、生まれながらにして悲しい生き物なのだ。

『生き物の死にざま』(草思社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

しかし、アンテキヌスの男たちは、その運命を受け入れ、全うして息絶えていく。何という男たちなのだろう。

性に溺れた生き物とさげすむこともできるだろう。交尾をしすぎる動物とバカにして紹介されることもある。

しかし、天地創造の神さまだけは知っている。生物学的には、彼らこそが、男の中の男なのだ。

自分の死と引き換えに、「未来」という種を残すアンテキヌス。

「何のために生きているのか」と思い悩んでいる私たち人間に、アンテキヌスは「次の世代のために生きる」という生きることのシンプルな意味を教えてくれている、そんな気がしてならない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT