「悪」は人間の心の一体どこに眠っているのか

「スター・ウォーズ」が見つめる"善と悪"

”人間の中にある善と悪“について、スター・ウォーズの作中シーンをもとに考察する(写真:bfa.com/アフロ)
シリーズ最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』がいよいよ公開となる。もはや説明不要な世界的人気作品であるこのスター・ウォーズという作品は、壮大なエンターテインメントであるだけでなく、哲学的な観点から見ても非常に示唆に富んだものだ。
そんなスター・ウォーズ作品やジョージ・ルーカスの思想を考察するのが、フランスで人気の哲学者、ジル・ヴェルヴィッシュ。彼の近著『スター・ウォーズ 善と悪の哲学』より、今回は”人間の中にある善と悪“についてピックアップする。

人間は善人か? 悪人か?

沼や森に覆われた惑星・ダゴバでルークが修行中にヨーダは、彼をダークサイドの洞窟に連れてゆき試練を与える。細部はともかく、ちょっと思い出してみてほしい。ヨーダがルークを大木の根元に連れてくる。大木の根がからみあう中に、洞窟の入り口がある。

「そこはフォースのダークサイドが強いのじゃ。悪の領域じゃ。行くがよい」

後はもうご存じだろう。ルークはライトセーバーをもって恐々と洞窟を進み、ダース・ベイダーと対峙する。

ルークがそこで出会ったのは「悪」だったのだろうか。いや違う。ルークが悪の化身の首を切り落とすと、ヘルメットが落ちる。そして壊れたマスクの向こうに現れたのは、ルーク自身の顔だった。

つまり洞窟は、彼の心の内だったのである。彼が向き合うべき相手は自身の暗黒面であった。確かにヨーダはあらかじめ警告していた。そこにお前が見るのは、「自分自身だけ」だろうと。

結局、ルークはこのテストに失敗した。まずライトセーバーを持っていくことで、恐怖心を連れていってしまったのが失敗であり、憎悪に任せて相手を殺そうとしたことも失敗であった。武器も恐怖も捨て、試練に挑むべきであったのだ。

次ページフォースの暗黒面はカール・ユングの考えに発想を得ている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT