難解な文章をパッと読み解く「超簡単なコツ」

読解力は「あてはめる力」で飛躍的に向上する

このように、ベン図は概念相互の関係を考えるときに役立つものですが、広すぎるベン図は、概念の範囲を示すことができません。つまり文章において、はっきりした定義をしていないということです。

相手を煙に巻くためにベン図を広げることも

政治家の答弁などを聞いていると、「この人はずいぶんベン図を広げるな」と思うことがあります。

カジノ法案を通すために、ある政治家が「日本人をもっと信用しましょうよ」と答弁したことがありました。この政治家に反対したら「では、あなたは日本人を信用していないんですね?」と切り返されるはずです。そうなると反対した人のほうが立場が悪くなる。でも、ベン図で考えると、この政治家の発言がおかしいことがわかります。

(出所:『全教科対応! 読める・わかる・解ける 超読解力』)
『全教科対応! 読める・わかる・解ける 超読解力』(かんき出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

本来であれば、ベン図のなかの米粒ほどの範囲「カジノで遊ぶ日本人」を対象に議論しなければならないところを、この政治家は「日本人」と言ったわけです。ベン図を大きく広げて話をしているのです。

相手を煙に巻くためにベン図を広げるような話をする人、例えば、「男性(女性)は皆」「子どもはつねに」などのようなベン図を広げた言い方には、注意が必要なのです。

このようにベン図を思い描きながら新聞を読むようになると、例えばその政治家の発言がどのくらい信用に値するかを判断できるようになります。また、大げさな広告にだまされたりすることもなくなるでしょう。ベン図を使うことで、自分を守ることができるようになるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT