褒めると「怖くなる」日本人女性に感じる矛盾

日々のやり取りをバージョンアップしよう

あるとき、テレビで元女子アナのタレントさんからインタビューを受けたときに、この話をしたら「うらやましい」と言われたんです。でも、彼女のボーイフレンドも彼女のことをおいしそうだから「まんじゅう」と呼んでいる、と。だから、自分の好きなものや何でも、それを呼び名にすればいいんです。

日本の女性からよく、日本の男性は「愛している」とか「好きだ」と言わない、という不満を聞くことがあります。私も実際、相手に「なんで言わないの?」と聞いたことがあって、「言わなくても当たり前だから」と言われました。なぜなら「愛している」のが大前提だから。これは確かに1つの愛の形。何でもハッキリ言えばいいというものでもありません。

例えば、私が大好きな小津安二郎監督の映画の中で、夫婦が天気について会話をしている場面があります。ここで2人は愛を語り合うわけではないけれど、2人の空気感から「愛している」という言葉が聞こえてくる。これこそまさに日本のエレガンス。とても美しい関係だと思います。

ちょっとしたサプライズが必要

実は、フランスでも「Je t'aime(愛している)」なんてストレートには、滅多に言いませんよ。アメリカのドラマなんかを見ていると、夫婦や恋人同士が「いってらっしゃい。I love you」なんて言い合っているけれど、フランスではよほどのシチュエーションではない限り「愛している」なんて言わない。それくらい重い言葉なのです。

そのかわり、日常では2人だけにしかわからないあだ名で呼び合ったり、褒めたりしながら愛情表現をしているわけです。

サプライズとまでは言わないまでも、ちょっとしたプレゼントはうれしいモノ。例えば花とか。日本はどこへ行っても小さいお花屋さんがあるのに、どうしてもっと恋人やパートナーにサプライズであげないのか。レストランや友人の家で食事するときとか、フランスだけでなく、ヨーロッパの男性はよくやっていますよ。大きな花束である必要はありません。

確かに周りの視線が気になるというのはあると思います。以前、日本人男性とジャズクラブに行ったときに、男性が大きなバッグをもってやってきた。中には大きな花束が入っていました。そして、ライブが終わって、2人で歩いているときにくれたのです。とても驚いたし、うれしかった。だから、人目が気になる、という人は2人きりになったときに渡せばいいのです。

何でもない日に夕食を作る、というのもサプライズの1つ。フランスでは、キャンドルをつけたり、お花を飾って音楽を流したり、と凝る人もいますが、そこまでする必要はありません。料理だってフルコースを作るのではなく、ちょっとしたものでいいのです。

次ページ日本人女性が「きつく」なる瞬間
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT