褒めると「怖くなる」日本人女性に感じる矛盾

日々のやり取りをバージョンアップしよう

一方、日本では女性も恋人やパートナーとの関係で改善できる点があると思います。いちばん残念なのは、「褒められ上手ではない」こと。日本の女性は褒められたときの受け答えが、「きつい」と思うことがあります。

例えば、恋人やパートナーと会ったときに、「かわいい服だね」「そのヘアスタイルすごく似合っているね」とか、「今日はキレイだね」なんて言われたとする。相手だって慣れていない中で褒めているのだから、「ありがとう」とか「うれしい」って反応すればいいのに、なぜか「どうして?」「なんでそんなこと言うの?」って返しちゃう。「なんか隠しているの」とか。

料理をしても叱られてしまう

せっかくサプライズで料理をしたのに、「あんなに台所を散らかして誰が片付けると思っているの?」と奥さんに言われた、という話を日本人男性から聞いたこともあります。料理を作ってくれたことより、片付けないといけないことに目がいってしまう。

確かに日本人の男性は、フランス人の男性ほど女性と家事をシェアしていないことが背景にあるかもしれませんが、こういうときくらいは素直に喜んで、片付けもお任せしちゃえばいいのです。あるいは、ここぞとばかりに片付け方を教えるか。

日本の女性が不思議だな、と思うのは、普段は男性からのサプライズやロマンチックな体験を期待しているというのに、いざ男性がいい雰囲気を作ってくれても、自分から壊してしまうことです。褒めてくれる人が外国人だったら、ひょっとしてそんなに謙遜しないのかもしれませんが……(これも不思議ですね)。

パートナーを喜ばせようとしても、こんな厳しい反応をされると、男性は褒めるのが怖くなってしまう。怒られていると思って。それでもう二度と褒めない。なので、女性は褒められたら素直に喜ぶところを見せたほうがいいと思います。

今はパートナーとの日々のやり取りが主にLINEになっている人が少なくないかもしれません。もちろん、SNSを通じたコミュニケーションも大切ですが、だからこそ、リアルの場でのやり取りをもっとグレードアップさせてみませんか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT