まるで犯罪者扱い「成年後見人」で地獄見た家族

認知症の夫を支える妻のあまりに過酷な現実

認知症の人を介護する家族の間で成年後見制度が大きな問題になっています(写真:Mills/PIXTA)
ある日、家族が認知症とわかったら? かつては特別な人に起こる特別な出来事と思われていた認知症だが、その数は急速に増えてきており、2025年には高齢者の5人に1人が認知症になるという予測もあるほど。もはや、ひとごとではない状況になりつつあるのだ。
もしも親やパートナー、あるいは自分自身が、認知症と診断されたらどうするべきか。おそらく多くの人が、その時初めて認知症について真面目に調べ、考え始めることだろう。手っ取り早くネットで検索をかけ、対応方法を考えるかもしない。しかし、認知症の症状は十人十色、そしてその対応方法もまたさまざまなのだ。
ノンフィクション作家の奥野修司氏は、これまで多くの認知症当事者や家族を取材することで、認知症のリアルな実情、そして問題点を見つめてきた。家族がよかれと思ってした選択が、結果的に当事者や家族を不幸にしまう例も多くある。今回は、おそらく多くの人が信頼できる制度と思い込んでいる「成年後見制度」の問題点について、最新の著書『なぜか笑顔になれる認知症介護』より抜粋して紹介する。

誰も知らない成年後見制度の実態

認知症の人を介護する家族の間で成年後見制度が大きな問題になっている。

成年後見制度とは、認知症や精神障害があると判断能力が衰えるため、家庭裁判所の監督の下で本人を支援する制度である。そのために特定の人を後見人に選ぶのだが、後見人は本人に代わって財産管理(預貯金や現金、不動産の管理)と身上監護(施設入所の契約等、生活や看護の支援)を行うことになっている。

後見人の候補になれるのは家族や弁護士、司法書士、社会福祉士などである。

理念として、保護を受ける方の(1)自己決定権の尊重、(2)残存能力の活用、 (3)ノーマライゼーション(障害のある人も家庭や地域で普通に生活ができる)を挙げていて、なんとなくよさそうに見えるのだが、どうも現場は違うらしい。

次ページ地獄の成年後見制度
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT