中小企業向けモラトリアム問題、楽観的な劇薬投与は過剰な副作用を生む



 ベタ貸しは廃されたが、その後も資本基盤の脆弱性という中小企業の事情はそのまま残ったのが実情。そうした問題を抱えて深刻な不況に再び突入し、中小・零細企業が困窮しているのが今である。

「返済猶予だけではなく、その間に景気が回復することが不可欠」ということは、今さらいうまでもない原理原則である。しかし、それだけではなく、中小・零細企業への返済猶予には、クリアしなければならない条件が少なくない。

それらの条件をクリアせずに、いたずらに元本・利払いの返済猶予というようなことになれば、社会に混乱を誘発し、自己規律が利かない事態にもなりかねないリスクがある。

中小・零細企業に対する支援策は欠かせないが、楽観的な劇薬投与はあまりにも副作用が大きいことを認識しなければならない。

(浪川 攻 =週刊東洋経済))

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT