46.7%--1日4時間以上コンピュータ機器を使った作業をしている労働者の割合《気になる数字》


 厚生労働省の調べによると、2008年10月時点でパソコンなどコンピュータ機器を使用している事業所の割合は97%。事務・販売等に従事する労働者のほぼ9割がコンピュータ機器を使っている。

個々の労働者の仕事において、こうしたVDT(Visual Display Terminals)機器を使う作業のウエートも高まっている。勤務日1日当たりのVDT作業時間を見ると、4時間以上が46.7%(うち6時間以上25.0%)を占め、前回03年調査時から9.2ポイント(6時間以上4.4ポイント)上昇。4時間以上の割合は、20代・30代で過半、事務職で6割、情報処理職では9割にも達する。

長時間化するVDT作業に、仕事以外でのVDT使用(4人に1人が1日2時間以上)も加わり、心身の疲労やストレスが生じる。精神的な疲労やストレスをまったく感じていない人はわずか15.7%。目・腰・背中の疲れや痛み、首・肩の凝り、頭痛といった身体的な疲労や自覚症状を感じている人は68.6%、事務職や情報処理職では7割にも達する。

しかし、企業の取り組みは遅れぎみだ。この5年間、作業環境の顕著な改善は見られない。VDT作業時間の管理対策を講じているのは1割にとどまり、従業者個人の裁量に任せている事業所が多い。作業者や監督者に対するVDT作業に関する教育、VDT健康診断を実施している事業所もまだ1割前後である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。