ユニゾHD、米ブラックストーンがTOBを実施へ のらり回答かわすユニゾにしびれ切らし決断

拡大
縮小

これだけの短期間に、同じ企業が3度もTOBの提案を受けるのは、極めて異例の事態。だが、「ブラックストーンのTOBが成立し、ゴタゴタは終わりを迎える」との見方がもっぱらだ。

M&A先進国のアメリカには、高い買収価格を提示した買い手に会社を売るのを義務付ける「レブロン基準」があり、世界のM&A業界の“常識”となっている。ユニゾ側が「日本の法律ではない」と主張してブラックストーンによるTOBに反対しても、説得力に乏しい。

嫌がっているのは「ユニゾ経営陣だけ」

しかも、ブラックストーンによるTOBを嫌がっているのは「ユニゾ経営陣だけ」(別のファンド関係者)。HISによるTOB時には1700円程度だった株価は、今や5000円近くまで上昇している。これまで複数回に渡る第三者割り当て増資などで、低迷する株価に塩漬け保有を強いられいた個人株主からしてみれば願ったり叶ったり。HISもTOB不成立後、株を売って29億円の特別利益を上げている。

一連のTOBの前は、ユニゾHDの株価は安値で放置されていた(写真は銀座のホテルユニゾ、撮影:梅谷秀司)

また、途中で株を買い増したエリオットや、英バークレイズ・キャピタル・セキュリティーズ、そしていちごアセットマネジメント・インターナショナルなども、高値で売り抜けることができる。「ブラックストーンのTOBに反対する人は誰もいない」(同)のが現状だ。

TOBは、日本語で「敵対的買収」と呼ばれることが多い。これは、買収される会社側が「反対」の意思を表示し、敵対的な関係になることがほとんどのためだ。しかし、ユニゾ以外のステークホルダーが皆喜んでいる今回のTOBを、果たして「敵対的」と言っていいのか。ユニゾの取締役会の下す判断を、市場関係者は見守っている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT