ユニゾTOB劇で「得」をした意外なプレーヤー

米ブラックストーンの登場で株価も上昇

米投資ファンド・ブラックストーンへの回答期限は本日。ユニゾはどんな回答をするか(撮影:梅谷秀司)

「結局、当事者であるユニゾ以外のステークホルダーにとっては“敵対的買収”ではなく、歓迎すべき買収だったのではないか」

ある外資系M&Aアドバイザーは、不動産やホテルなどを手掛けるユニゾホールディングスをめぐる一連のTOB(株式公開買い付け)に関して、このように指摘する。

そもそものきっかけは、今年7月。旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が、事前の交渉なしでユニゾ株を1株3100円で買い付けると表明、保有比率を45%まで高めようとしたことだった。

これに対しHIS傘下に入るのを嫌ったユニゾは、“ホワイトナイト(白馬の騎士)”探しに奔走。8月中旬になって、ソフトバンクグループ傘下でアメリカの投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループが、1株4000円でTOBを開始した。

ところが、ここから事態は混迷する。当初ユニゾはフォートレスのTOBに賛同の意思を表明していたにもかかわらず、HISを追い出すことができた途端、用済みとばかりに、「聞いたこともない、むちゃくちゃな条件」(前出のM&Aアドバイザー)をつけて、フォートレスに“三行半”を突きつけたのだ。

ブラックストーンもTOBに参戦

「むちゃくちゃな条件」とは、TOBをかけられたユニゾ側が、フォートレスに対し「買収提案者の取り分と出口(ファンドによる株式売却)の時期・方法を合意書に明記し、出口の時期・方法を従業員持ち株管理会社が選択できる」(ユニゾが発表した「買収提案に対する対応の基本方針」)よう求めたことだ。「買収逃れだけを目的とした、常識外れのなりふり構わぬ条件」(M&Aアドバイザー)としか言いようがない。

そんな折、今度は1株5000円で買収提案をしていたものの、ユニゾに拒否されていたアメリカの投資ファンド、ブラックストーン・グループが、TOBを再提案する意向を表明した。ユニゾが提案を拒否した場合は「あらゆる選択肢を検討する」(ブラックストーン)としており、これまた敵対的TOBに発展する可能性がある。

これだけの短期間に、同じ企業が3度もTOBの提案を受けるのは、極めて異例の事態だ。

次ページ「なりふり構わぬ」防衛の理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。