ユニゾ買収、HISはどこでボタンを掛け違えたか

「白馬の騎士」にソフトバンク系ファンド登場

HISの買収提案を退け、ソフトバンク傘下の不動産投資会社フォートレスによる買収を受け入れたユニゾホールディングス(撮影:梅谷秀司)

旅行会社大手のHISに敵対的買収を仕掛けられた不動産会社ユニゾホールディングスが「ホワイトナイト(白馬の騎士)」として選んだ資本提携相手は、アメリカの不動産投資会社フォートレス・インベストメント・グループだった。

8月16日、ユニゾはフォートレスからTOB(株式公開買付け)を受けると発表した。TOB価格は1株4000円。発行済み株式数の66.67%にあたる2281万株を下限に、応募のあった全株を買い付ける。期限は10月1日までで、TOBが成功した場合、フォートレスは残りの株式も強制取得し、ユニゾを上場廃止とする方針だ。

HISのTOB提案は「シナジーも信頼関係もない」

ユニゾに対してはHISが7月11日から、1株3100円で最大1375万株、発行済み株式数の45%を上限に買い集めるTOBを仕掛けていた。

ただ、ユニゾ側はHISのTOBを検討した結果、「シナジーがない、TOB価格が不十分、一方的な提案で信頼関係がない」として反対を表明。アドバイザーを使って対抗提案を16社から募り、そのうち4社と交渉し、最も高いTOB価格を示した1社であるフォートレスを選んだという。

フォートレスはアメリカの不動産投資会社だ。2017年末に投資ノウハウの取得を狙ってソフトバンクグループが約33億ドル(3500億円)で買収している。日本では旧ツカサウィークリーマンションから独立したホテル運営会社、マイステイズ・ホテルを2012年に買収している。

フォートレス側の開示資料によれば、ユニゾを完全子会社化し、自社のノウハウを注入することで、企業価値の向上に貢献できると判断したという。

次ページTOB表明後、株価はTOB価格を上回る水準へ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT