ユニゾ買収、HISはどこでボタンを掛け違えたか

「白馬の騎士」にソフトバンク系ファンド登場

ユニゾの当時の開示資料によれば、ハウステンボスの運営方針が変わり、ホテルヨーロッパが閉館する可能性があること、再生計画の一環として賃料の見直しが条件とされており、同社からホテルヨーロッパの譲渡を求められたことが記されている。

そして、ユニゾは当時の簿価で約43億円あったホテルヨーロッパをわずか0.5億円でハウステンボスに譲渡。関連損失も含めて、2010年3月期に45億円の特別損失を計上した。

株式市場はもう一段のTOB価格切り上げを期待

今でこそハウステンボスはHISの大きな収益柱だが、2010年当時は経営再建の展望が見えない状況だった。HISにとってもユニゾにとっても、ホテルヨーロッパの譲渡と損失計上は仕方がない選択肢だったかもしれない。

ただ、HIS側が今回のユニゾ買収を進めるにあたって、ユニゾの過去の協力に敬意を払い、澤田秀雄会長兼社長自身が提案を持ちかけていれば、もう少し違う結果になっていた可能性はある。

ユニゾをめぐっては、HISとエリオット、今回のフォートレスと、当事者が増えるたびに株価が釣り上がってきた。8月19日時点のユニゾの終値は4080円と、フォートレスの提示した価格を上回る水準だ。

ある市場関係者が「株価が示しているのは『もう一波乱ある』という市場の期待だ」と指摘するように、市場はもう一段のTOB価格切り上げを期待している。ユニゾが保有する不動産の含み益は2000億円以上あり、見ようによっては株価はまだ割安と捉えることもできる。

次の焦点は8月23日。HISがTOB終了までにどれだけの株式を集められるか。その結果次第で、各社の出方も変わってきそうだ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。