ユニゾ買収、HISはどこでボタンを掛け違えたか

「白馬の騎士」にソフトバンク系ファンド登場

ユニゾの当時の開示資料によれば、ハウステンボスの運営方針が変わり、ホテルヨーロッパが閉館する可能性があること、再生計画の一環として賃料の見直しが条件とされており、同社からホテルヨーロッパの譲渡を求められたことが記されている。

そして、ユニゾは当時の簿価で約43億円あったホテルヨーロッパをわずか0.5億円でハウステンボスに譲渡。関連損失も含めて、2010年3月期に45億円の特別損失を計上した。

株式市場はもう一段のTOB価格切り上げを期待

今でこそハウステンボスはHISの大きな収益柱だが、2010年当時は経営再建の展望が見えない状況だった。HISにとってもユニゾにとっても、ホテルヨーロッパの譲渡と損失計上は仕方がない選択肢だったかもしれない。

ただ、HIS側が今回のユニゾ買収を進めるにあたって、ユニゾの過去の協力に敬意を払い、澤田秀雄会長兼社長自身が提案を持ちかけていれば、もう少し違う結果になっていた可能性はある。

ユニゾをめぐっては、HISとエリオット、今回のフォートレスと、当事者が増えるたびに株価が釣り上がってきた。8月19日時点のユニゾの終値は4080円と、フォートレスの提示した価格を上回る水準だ。

ある市場関係者が「株価が示しているのは『もう一波乱ある』という市場の期待だ」と指摘するように、市場はもう一段のTOB価格切り上げを期待している。ユニゾが保有する不動産の含み益は2000億円以上あり、見ようによっては株価はまだ割安と捉えることもできる。

次の焦点は8月23日。HISがTOB終了までにどれだけの株式を集められるか。その結果次第で、各社の出方も変わってきそうだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT