ユニゾHD、米ブラックストーンがTOBを実施へ

のらり回答かわすユニゾにしびれ切らし決断

東京・銀座にある「ホテルユニゾ」。近年はホテル事業に力を入れてきた(撮影・梅谷秀司)

アメリカの投資ファンド、ブラックストーン・グループは今日11月18日、不動産会社ユニゾホールディングスに対するTOB(株式公開買い付け)に踏み切る方針を固めたことが東洋経済の取材で分かった。

買付価格は、これまでブラックストーンが買収提案をした際に提示していた1株5000円程度とみられる。今日、夕方にも発表する。

らちが明かないと判断

ユニゾをめぐっては、事態が二転三転してきた。

今年7月、旅行大手のエイチ・アイ・エスによって表明された1株3100円のTOBをユニゾ側が拒否。その際“ホワイトナイト(白馬の騎士)”として登場したアメリカのフォートレス・インベストメント・グループの1株4000円のTOBについても、ユニゾは9月下旬、態度を「賛同」から「留保」へと豹変させた。フォートレスによるTOBは、6度の条件変更を経て継続中だが(現在の買い取り価格は1株4100円)、膠着状態が続いている。

実は、ユニゾはホワイトナイト探しに国内外のファンド16社に声を掛けていた。その中にブラックストーンも含まれており、ブラックストーンは1株5000円での買収を提案していたが、ユニゾは拒否しフォートレスを選択していた。

ところがユニゾが態度を豹変させた後、改めてブラックストーンがTOBの意向を表明すると、これに賛同する形で世界でも著名な「物言う株主」であるアメリカのエリオット・マネジメントが書簡を公表、ブラックストーンからの提案を真摯に検討するように求めた。そのため、ユニゾはブラックストーンとの協議を継続していた。

しかしユニゾは、会社の解体を禁止する旨の規定を盛り込めといったり、投資回収時(いわゆる出口)の方法や、時期の決定に関して事前に合意しろといったりして、「M&Aの世界では常識外れもいいところ」(ファンド関係者)の主張を繰り返し、「のらりくらりと回答を交わしてきた」(同)。

これに対して、ブラックストーンも2度に渡って回答期限を延期して待ったが、らちが明かないと判断、この程、TOBに踏み切る意思を固めたもようだ。

次ページユニゾ以外は誰も反対しない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。