男女・年齢で大きく変わる「夫婦関係」の満足度

「結婚」はスタート時こそが最も重要!?

「夫婦関係調査2019」「離婚に関する調査」の結果からみる、現代の夫婦のカタチとは?(写真:kyonntra/iStock)

「夫婦のカタチ」は時代の変化を如実に表す。経済状況や労働環境、さらには結婚観や性別意識など、複雑に連動しながら変化していく。近年では、こうした世の中の動きと連動し、夫婦の役割や意識は多様に広がりを見せ、自分たちらしいカタチの追及はこれまでよりも求められているようだ。リクルートブライダル総研「夫婦関係調査2019」「離婚に関する調査」の結果から夫婦のカタチについて分析する。

約7割が現状の夫婦関係に満足

夫婦関係の満足度を20代から60代までの夫婦でみると、約7割弱が満足と答えている。年代別にみると、新婚時期が想定される20代が78.5%で最も高く、その後30~50代は低下するが、60代にはまた上昇する傾向にあり、ライフステージによって変化していることがわかる。

次ページ夫と妻で「差」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。