男女・年齢で大きく変わる「夫婦関係」の満足度

「結婚」はスタート時こそが最も重要!?

「夫婦関係調査2019」「離婚に関する調査」の結果からみる、現代の夫婦のカタチとは?(写真:kyonntra/iStock)

「夫婦のカタチ」は時代の変化を如実に表す。経済状況や労働環境、さらには結婚観や性別意識など、複雑に連動しながら変化していく。近年では、こうした世の中の動きと連動し、夫婦の役割や意識は多様に広がりを見せ、自分たちらしいカタチの追及はこれまでよりも求められているようだ。リクルートブライダル総研「夫婦関係調査2019」「離婚に関する調査」の結果から夫婦のカタチについて分析する。

約7割が現状の夫婦関係に満足

夫婦関係の満足度を20代から60代までの夫婦でみると、約7割弱が満足と答えている。年代別にみると、新婚時期が想定される20代が78.5%で最も高く、その後30~50代は低下するが、60代にはまた上昇する傾向にあり、ライフステージによって変化していることがわかる。

次ページ夫と妻で「差」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT