第6回(最終回) 自転車とドイツ社会の濃すぎる関係

それでも走りやすい「自転車の町」

エアランゲンの話に戻ろう。同市に住む筆者は市内での取材などは、ほとんど自転車で向かう。そのような日常生活から個人的な印象も述べておく。

まずドイツの一般的「町乗り用自転車」は、いわゆる「ママちゃり」に比べて相対的にスポーティなデザインと機能のものが多い。数年前からは電動アシスト付きの自転車も増えた。つまりスピードが出る。しかし自転車使用者は若者から高齢者まで年齢幅が広いの「のんびり乗りたい」「飛ばしたい」といった趣向や身体能力の差が走り方の違いとして出ていると思う。

通勤・通学時間は自転車道まではみ出て並ぶ歩行者がいる。その逆に自転車が2、3台並走し、歩行者とぶつかりそうになるということはある。こういった歩行者との「摩擦」は調査でも顕在化している。

最近、実は自動車もルール違反やアグレッシブな運転をするドライバーの増加が問題になっている。しかし交差点などでは自転車に配慮して自動車が減速したり、止まったりするケースのほうが多い。スポーツ・レジャーとしてサイクリングスーツに身を固めた人がレースタイプの自転車に乗って自動車道を飛ばしていくケースも時々あるが自動車のほうががかなり気を遣っている印象がある。

以上のようなことからいえば、確かにエアランゲンでも問題はある。また2010年に市が行った調査でも無理な運転をする人も増えていると指摘している。それでもどちらかといえば安心して、かつ最短距離で移動できる自転車の町だと思う。同調査の回答者によれば、自転車道での走行に対して安全性を感じるとする人が多く、95%が自転車にやさしい町と評価している。

赤いネクタイの人がバライス現市長

ひるがえって環境問題、エネルギー問題などを背景に、あるいは健康によいモビリティという観点から、今後自転車の使用はますます増えていくだろう。
 元祖「自転車の町」のエアランゲン市も1996年に現在のシーグフリード・バライス博士が市長になってからは自転車道メインの政策というわけではなかったが、それでも整備は継続されていた。

ここにきて自転車への注目が集まる。それをうけるかたちで、数年前からエアランゲン市は近隣の自治体との協力関係を作っている。都市交通としての自転車道を向上させようとしているわけだ。
 同市はそんな連携のリーダーでバイエルン州内トップの自転車の町になっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT