第6回(最終回) 自転車とドイツ社会の濃すぎる関係

それは70年代に始まった

「自転車市長」ハールベーク博士

自転車の町に変貌したのは1972年までさかのぼる。エアランゲン市に37歳の市長が誕生する。ディートマー・ハールベーク博士がその人だ。自然との共生をかかげ環境都市をめざす。そして自転車道の整備もはじめるわけだが、うまくいったのにはいくつかの理由がある。

まず同氏はSPD(ドイツ社民党)の所属だが、当時は市議会で力があり比較的進めやすかった。また道路にまつわる建築や交通の部署に加え、自転車関係のNPOや警察などから意思決定権を持った人物を集め、市長直轄のプロジェクトチームを作ったことも奏功した。

それにしても、ハールベーク博士自身が持つ人間的な魅力、そしてコンセプトの良さが自転車道整備の原動力だった。

さらに法律家でもあるハールベーク博士は「交通の平等」ということも考えた。自転車専用道がない上に自動車の存在感が強すぎると、自転車の走行は実に危険だ。日本では自動車が優先と考える人も少なくない。
 また自転車に故意に幅寄せをするようなドライバーも見られる。これを想像すると「交通の不平等」という言葉が鮮明にイメージできるだろう。また視点をかえれば、自動車も自転車に気をつけねばならず、適正なスピードは出せない。歩道と自転車の関係も同様だ。

自転車道の整備はいわば歩行者、自転車、自動車が安全で適正なスピードで移動できる交通の平等の実現であり、一種の人権問題としての理念があった。

次ページ自転車とドイツ社会
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT